シリーズに登場した初の強化人間、フォウ

「機動戦士ガンダム」シリーズには肉体や精神を強化された強化人間がたびたび登場し、その多くは悲劇的な結末を迎えています。現在放送中の『機動戦士ガンダム 水星の魔女』でも「強化人士」と呼ばれるエラン・ケレスが6話で退場し、強化人間の悲惨な運命を体現しました。これまでの「ガンダム」シリーズに登場した歴代の強化人間のなかでも、悲劇的なエピソードが特に印象深い3人を紹介します。

●フォウ・ムラサメ

『機動戦士Zガンダム』17話「ホンコン・シティ」で初登場したフォウ・ムラサメは、「ガンダム」シリーズに姿を現した最初の強化人間です。地球連邦軍のムラサメ研究所で調整を受けており、4番目の被検体であることから「フォウ」と名付けられました。強化の過程で記憶を操作され、自分の本当の名前を含めて過去のすべてを失っているため、奔放で無邪気な性格と、調整された戦士としての人格がひんぱんに入れ替わるなど、情緒も不安定な状況となっていました。

 フォウ自信も記憶がないことに苦しんでおり、「功績を挙げれば記憶を返す」と言い含められてやむなくサイコガンダムに搭乗し、カミーユたちと交戦することになったのです。

 しかし一度サイコガンダムを降りればひとりの年頃の美女であり、ホンコンシティで出会ったカミーユと心を通わせます。それでも結局は敵同士であり、「自分の記憶」とカミーユのどちらかを選ばなければいけなくなったフォウは別離を選びますが、カミーユが宇宙に上がろうとした際には命がけで手助けを行っています。なお、劇場版『機動戦士Zガンダム A New Translation』ではこのとき死亡しています。

 TV版ではその後、35話で再登場した際にはさらなる強化を受けており、情緒の安定度がさらに悪化しカミーユとの再会時も異常な対応をしています。それでもカミーユを思い出したフォウは、ジェリド・メサが駆るバイアランの攻撃からカミーユをかばい戦死を遂げました。最終回ではパプテマス・シロッコとの最終決戦の際に他の死者と共に姿を現し、カミーユに力を与えています。

 小説『機動戦士Zガンダム フォウ・ストーリー そして、戦士に…』で語られた設定によると、一年戦争で家族を失った戦災孤児であり、元々は「トーキョー」と呼ばれる大都市の近くに住んでいたとされています。家族を失ってからは不良少女として生きており、感化院に入れられてそこからムラサメ研究所に送られたようです。

 当時、彼女が名乗っていた名前は「キョウ」。苗字は誰も知りません。

クローン技術によって生み出された姉妹

●エルピー・プル

プルのキャラクターブック『機動戦士ガンダムZZ エルピー計画』(徳間書店)

『機動戦士ガンダムZZ』に登場したエルピー・プルは、ネオ・ジオンのクローン技術によりニュータイプの複製として生み出されました。遺伝子レベルで肉体強化が施されているため、ニュータイプと強化人間の特性を併せ持つ存在でもあります。

 プルの初登場は17話「奪回!コア・トップ」でした。幼いながらキュベレイMk-IIを駆りジュドーたちを翻弄、援護のためにブライトが放ったハイメガ粒子砲を難なくかわし、能力の高さを見せつけました。しかし性格は天真爛漫で人懐っこく、アクシズに潜入したジュドーにあっという間に懐いてしまいます。紆余曲折あってジュドーたちと行動を共にするようになったプルでしたが、34話でアリアス隊のバウと交戦し重傷を負い、36話では妹に当たるプルツーがサイコガンダムMk-IIでアーガマを急襲した際に解体中のキュベレイMk-IIで出撃、ジュドーをかばって死亡しました。

 エルピー・プルはそのかわいらしさと悲劇性、そして声を担当した本多千恵子さんの熱演も相まって、登場シーンを集めた小冊子『エルピー計画』が発売されるほど極めて人気の高いキャラクターでした。本多さんが2013年に49歳の若さで亡くなったことが残念でなりません。

●マリーダ・クルス

『機動戦士ガンダムUC』episode7「虹の彼方に」 (C)創通・サンライズ

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』に登場したマリーダ・クルスは、エルピー・プルと同様クローンとして作られた存在であり、コードネーム「プルトゥエルブ」と呼ばれていました。『機動戦士ガンダムZZ』の最終盤で姉妹たちとともにキャラ・スーンのゲーマルクと交戦した際にひとりだけ逃亡し脱出ポッドで生き延びましたが、彼女を回収した人間たちにより娼館に売り飛ばされ、死んだ方がマシとも思える境遇へと追い込まれます。後にスベロア・ジンネマンに救出されてからは彼を「マスター」と呼び固い信頼関係で結ばれるようになりました。

 ジンネマンが所属するジオン軍の残党「袖付き」では貴重な強化人間パイロットとしてMSクシャトリヤを駆り、OVA(TVアニメ)1話ではロンド・ベル所属のスターク・ジェガンと交戦し、勝利しています。この戦闘はアムロ・レイの戦いを間近で見たベテランパイロットが構築した対ニュータイプ/強化人間用の戦術が惜しみなく投入されており、それを上回って勝利したマリーダの能力の高さが証明される結果となりました。

 ストーリー上ではさまざまな状況に翻弄されながらも、最終決戦では主人公、バナージ・リンクスのユニコーンガンダムのバックアップを担当し、万全ではないにも関わらず圧倒的な戦闘力を発揮し援護します。最後はリディ・マーセナスのバンシィが放ったビームからネェル・アーガマをかばって死亡しますが、その意志は多くの人を勇気づけることとなりました。