私が愛したセガのハードたち

「セーーガーー!(こおろぎ’73風味)」
 かつて、いや今もセガをこよなく愛している方々にとって、『異世界おじさん』は最高の作品だったのではないでしょうか。筆者も2022年7月にアニメの放送が始まってからはWebや書籍の資料を用意し目を皿のようにして「これはあのネタだ!」「ここはアレのパロディか! なんてマニアックな……」と制作陣がこれでもかと入れ込んできたセガネタを楽しんでいたものです。

 新型コロナウイルスの影響で、「秋アニメ」の時期へと放送が延期されるまでは。

 延期が決まった時は残念でもありましたが、それ以上に速攻で大爆笑させていただきました。「なんてセガらしい」と。 「俺たちのセガはここでもセガをやってくれるのか」と。

 思い返せば家庭用ゲーム機に参入してからのセガは、任天堂やソニーの影に隠れながらも確固たる存在感を示していましたが、時に優位に立つことがあっても生かしきれずにやがて沈んでいく定めにあったように思えます。

 セガ初の家庭用ゲーム機「SG-1000」が発売されたのは、1983年7月15日。そう、あの「ファミリーコンピュータ」と同年同月同日でした。

 ちょうどこの頃は1982年の年末に家庭用ゲーム「ATARI2600」で低品質タイトルがまん延したために発生した市場崩壊「アタリショック」の影響が出始めた時期となります。当時のセガは外資であり、冷え込んだゲーム機市場に新たに殴り込みをかけるにはまずアメリカ本社に許可を取る必要がありました。後に社長を務めた佐藤秀樹氏の回想によれば、やはり説得には苦労したようです。

 なんとか許可を取った後はなるべく早く出すために、すでに開発が進んでいた家庭用コンピュータ「SC-3000」を手直しし、「SG-1000」として発売。巨人・任天堂に対するセガの戦いが始まったのです。ちなみに「SG-1000」はファミコンが品薄だった際に代わりに購入されることが多く、16万台売れたそうです。

 翌年7月には「SG-1000」のマイナーチェンジ版である「SG-1000II」も発売されましたが、期待ほど売れなかったと佐藤氏の回想録にはありました。なお、筆者がファミコンを探して見つからず玩具店の店員に「ファミコンに似たのがありますよ」と言われて買ってもらったのがこの「SG-1000II」です。1985年にはアップグレート型の「SEGA MARKIII」が発売され、『アフターバーナー』や『北斗の拳』が遊べることもあり人気を博しました。筆者個人としては『赤い光弾ジリオン』が発売されたのが高ポイントです。

『異世界おじさん』Blu-ray&DVD Vol.1 (C)殆ど死んでいる・KADOKAWA刊/異世界おじさん製作委員会

物は良いのに勝ちきれないセガ

 1987年にセガは「MARKIII」にFM音源や連射機能を搭載した「マスターシステム」を発売しましたが、この時期はファミコンの絶頂期に当たり、『ファンタシースター』などの傑作はあったものの苦戦を余儀なくされます。しかし海外ではかなり売れており、北米では330万台、欧州では680万台、そしてブラジルでは2022年現在でも生産が継続されるほど人気があり、累計800万台を突破しています。

 日本より海外で愛される傾向は、初の16ビットマシンとして発売された「メガドライブ」でも顕著でした。日本国内でもセガのハードとしては初めて100万台以上を売り上げ、存在感を示していましたがスーパーファミコンの牙城を崩すまでには至っていません。『アドバンスト大戦略』や『ソニック ザ ヘッジホッグ』などは面白かったのですが……。

 しかし「SEGA GENESIS」という名で発売された北米では1995年1月の時点で55%のシェアと2000万台の売り上げを記録し、大きな存在感を示しました。とはいえ光には影が付き物。「セガサターン」への移行の際にはジェネシスと周辺機器であるスーパー32Xのデッドストックなどのツケが重くのしかかり、1997年3月期に270億円の特別損失を計上しています。

 1994年に発売した「セガサターン」ではソニーの「PlayStation」と競合。序盤は『バーチャファイター』『バーチャファイター2』といったキラータイトルの力で優位に立ちますが、サードパーティを取り込んだソニー陣営に巻き返され、忘れもしない1997年1月23日、エニックス(現:スクウェア・エニックス)が『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』をPlayStationで発売すると発表したとき、大勢に決着が付きました。

 そして1998年、セガ最後の家庭用ハードとなる「ドリームキャスト」が発売されました。当時黎明期にあったインターネットを使用可能な業界初のゲーム機として注目を浴びましたが、やはり当時普及が進んでいたDVD視聴機器としての機能を持つ「PlayStation 2」の優位性には歯が立たず、2001年に製造が中止されました。

 総じてセガのハードは挑戦的であり、面白いゲームがたくさんあり、そしてとてつもなく強い競合との戦いに絶えずさらされ続けてきました。セガの家庭用ハードの歴史は20年に満たず、すでにドリームキャストの販売製造が停止されてから、20年以上の時間が経過しています。歴史が終わってからの方が、すでに時間としては長いのです。

 それでも今なお、セガを愛する人の声が止むことはありません。『異世界おじさん』のように、セガへの愛が形となる機会は、これからもまだまだ何度も訪れることでしょう。