自分が教えてもらったアカウントは、どの用途なのかが気になる!

 漫画家として活躍する楠さんは、よく若い友人とお茶会を楽しむことがあるそうです。世代が違う子にいろいろな質問をして、ジェネレーションギャップを知っていくのも楽しみのひとつとなっています。しかし、最近の若者がLINEを使わない理由を聞いてしまい……。

 楠あやとさん(@Kusunoki_Ayato)によるエッセイマンガ『ジェネレーションギャップ』がTwitter(現:X)上で公開されました。いいね数は3.1万を超えており、読者からは「若い子と交流する機会無さすぎて……とても勉強になります」「デジタルネイティブ世代の使い方すごいですね!」「若い子ってほんと器用ですね、見習わないと!」などの声があがっています。

 作者の楠あやとさんにお話を聞きました。

ーーアカウントを使い分けているのは驚きですね。最近、今作以外に楠あやとさんが感じたジェネレーションギャップで印象に残っているエピソードを教えていただけますでしょうか?

 前髪を薄く作った方がかわいいという点でしょうか。私の時代は前髪ぱっつん重めだったので。

ーー今作を描くうえでこだわったポイントや、お気に入りのシーンなどはありますか?

 若い子の髪型や眉毛などは、今風を意識してかわいく描きました。

自分が教えてもらった連絡先の詳細が怖くて聞けない……(楠あやとさん提供)

ーーたくさんの感想が寄せられていますが、特にうれしかった感想の声、印象に残った読者の声について、教えて下さい。

 「私もこれー!」と共感する子や、マンガが好きと言ってくれてフォローしてくれた方が多くてうれしかったです。

ーー今作『ジェネレーションギャップ』が生まれたきっかけや、理由を教えてください。

 友人と話していた中で、インスタの使い方が違かったのが面白いと感じました。

ーー楠あやとさんが描く日常マンガは、いつもたくさんの読者のかたを楽しませていますが、そのほかに挑戦してみたいマンガのジャンルなどはありますか?

 いつかは歴史系のことを描きたいと思っています!