前髪が気になるお年頃の女の子は多い?

 前髪が気になる年頃の長女を描いたマンガ「長女 前髪命」が、Instagramで5600以上のいいねを集めて話題となっています。

 毎日時間をかけて、丁寧に前髪を整える11歳の長女。先日飲食店で長女と同じように前髪を気にしている子を見かけて……という内容で、「女子は前髪大事ですよね」「うちの娘も前髪命な年頃です」「かわいい!」などの声があがっています。

 このマンガを描いたのは、3人の子供を持つ母親のねこじま いもみさんです。Instagramやブログ「ねこいもブログ」でマンガを発表しています。ねこじま いもみさんに、作品についてのお話を聞きました。

ーー娘さんは、いつ頃から前髪を気にするようになったのでしょうか?

 小学4年生ぐらいだったと思います。まず、前髪を切るのを嫌がりはじめ、長く伸ばすようになりました。眉毛が隠れるぐらいがベストらしく、前髪用のくしできれいにそろうよう、毎日自分で整えています。おでこが出るのはとても嫌がります。

ーー学校で前髪を注意されることは、よくあるのでしょうか?

 校則はありませんが、目のギリギリぐらいまで伸びていると、担任の先生にたまにいわれることがあるそうです。少し伸びすぎたときにいわれるんだと思います(笑)。いわれることをすごく嫌がっていました。

ーー娘さんは、前髪以外にもこだわりはありますか?

 こだわりというか、服装の好き嫌いはあります。女の子っぽい服装よりもボーイッシュなもの、オーバーサイズを好みます。ピッタリしたものは好きじゃないようです。服は一緒に選びに行ったり、身長もいまは私を超えているので、私とシェアしたりしています。

ーーねこじまさんご自身も「前髪が気になる」など、何かにこだわる時期がありましたか?

 私は眉毛がコンプレックスで、小学校高学年の頃は抜いたり剃ったりしていました(笑)。「眉毛なんてなくなればいいのに」と思っていました(笑)。

 学生時代はオシャレに疎くて、いろいろとこだわるようになったのは社会人になり、アパレルなどで働きだしてからです。

ーー作品について、どのような意見が寄せられていますか?

「小学生で前髪を気にするとか大人!」「前髪を気にする時期あるよね」「わが家も娘に前髪用のコームをプレゼントしました」など、多くの人に共感していただけました。また「縮毛矯正すると楽です」など、教えて下さる意見もたくさんありました。

ーー今回のマンガを描いたきっかけを教えて下さい。

 飲食店の待合席で、ある親子が前髪の話をしていたのですが、その娘さんがうちの娘と同じことをいっていたので、「すごく分かる! 娘の話を聞いているみたいでかわいい」と思って聞いていました。「同じよう前髪に気にしている子が多いのかなあ?」と感じ、描いてみようと思いました。あと、前髪を気にしている長女がかわいかったので(笑)。