視聴率21.4%を記録した劇場版

 出版界、映画界に大ブームを巻き起こした吾峠呼世晴氏原作の人気コミック『鬼滅の刃』は、テレビ局にも多大な影響を与えています。2021年9月25日に「土曜プレミアム」(フジテレビ系)でテレビ初放映された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、視聴率21.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という高い数字を記録しました。

 フジテレビ系では映画『無限列車編』の放送に先立って、TVアニメ『鬼滅の刃』の第1期「竈門炭治郎 立志編」を再構成した特別編集版を5夜にわたって放送し、「兄妹の絆」13.3%、「浅草編」13.4%、「鼓屋敷編」14.4%、「那田蜘蛛山編」14.7%、「柱合会議・蝶屋敷編」15.0%と、どれも好視聴率を残しています。

 また、『無限列車編』のテレビ放送終了後には、第2期「遊郭編」の放送スタートが12月5日(日)であることに加え、10月10日(日)からは全7話に再構成したTVアニメ版『鬼滅の刃 無限列車編』が放送されることも発表されました。初回は「炎柱」煉獄杏寿郎が無限列車に乗り込むまでのオリジナルエピソードになるそうです。サプライズなニュースに、ネット上には驚きの声があがりました。

ファンへの配慮を見せたフジテレビ

 近年の日本の商業アニメは「製作委員会」方式が採用され、多くの企業が参加するようになりましたが、『鬼滅の刃』の製作は集英社、アニプレックス、ufotableの3社のみによるものです。原作のよさをしっかりと理解している会社によって、『鬼滅の刃』はアニメ化されています。

 第1期「竈門炭治郎 立志編」はTOKYO MXなどの独立系のテレビ局で2019年に放送されましたが、第2期「遊郭編」はフジテレビ系での放映が決まり、フジテレビの介入によって内容が改悪されることを心配するファンもいました。その声は、フジテレビにも届いていたようです。先日の『無限列車編』のテレビ放送では、杏寿郎と「上弦の鬼」猗窩座(あかざ)との23分間に及ぶ格闘シーンはCMを途中で入れないなど、ファン向けの配慮をフジテレビは見せました。

 第2期「遊郭編」は原作コミックでは第8巻から第11巻にあたり、あまり長いエピソードではありません。しかし、遊郭で働く遊女たちの着物は豪華かつカラフルで、これをアニメーション化するのは大変な作業です。「遊郭編」を丁寧に仕上げ、またストーリーを間延びさせないためにも、10月〜11月に全7話のTVアニメ版「無限列車編」を挟むのは、面白いアイデアだと思います。

炎柱になる前の煉獄杏寿郎のエピソードが描かれる『鬼滅の刃 外伝』(著:平野稜二、原作:吾峠呼世晴/集英社)

牛鍋弁当に夢中になる煉獄杏寿郎

 テレビ業界では、3か月を1クールと呼び、1クール単位でスポンサーや制作会社と契約することが基本となっています。そのため多くのTVドラマやアニメ作品は、1クール(10話〜13話)や2クール(20話〜26話)の放送となっています。今回のフジテレビがTVアニメ版「無限列車編」を10月〜11月に全7話で編成したのは、かなり柔軟な対応だったことが分かります。

 1980年代〜90年代のフジテレビは、新感覚のバラエティー番組や若手俳優を起用したオシャレなトレンディードラマで人気を博し、視聴率トップを独走しました。2000年代には『踊る大捜査線』『海猿 ウミザル』『HERO』などのTVドラマの劇場版を大ヒットさせ、存在感を示してきました。しかし、2010年代以降は業績が低迷した状態が続いています。バブル期には時代に同調していたフジテレビ社員の気質と、現在の若い視聴者たちとの間に大きな隔たりが生じていることも、低迷の要因となっています。

 炭治郎をはじめとする『鬼滅の刃』のメインキャラクターたちの生活は、大正時代という設定もありますが、極めて質素です。山で育った伊之助が初めて食べた天ぷらに感激している様子は、とても印象的でした。煉獄杏寿郎の好物は、さつまいもの味噌汁。お弁当のおかずであれば鯛の塩焼き、さつまいもご飯です。列車に乗った杏寿郎が、「うまい! うまい!」と牛鍋弁当を夢中になって食べている姿は、微笑ましくもありました。

 鬼たちと戦い、生きるか死ぬかのギリギリの境地をサバイバルする炭治郎は、慎ましい生活のなかで善逸や伊之助らと友情を育み、杏寿郎から剣士としての生き様を学ぶことになります。そんな炭治郎のまっすぐな生き方が、バブル崩壊以降の「失われた時代」を生きる世代の心に響いたように思います。

アニメ業界にとって長年の問題

 全7話というミニシリーズ構成となるTVアニメ版「無限列車編」が成功すれば、第2期「遊郭編」にうまくバトンタッチできる上に、いろんな可能性も生まれるのではないでしょうか。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開時に配布された入場者特典の「煉獄零巻」には、杏寿郎の「鬼殺隊」の隊士としての初任務が描かれていました。『鬼滅の刃 外伝』では、杏寿郎の継子だった甘露寺蜜璃とのエピソードが語られています。杏寿郎人気が10月〜11月放送のTVアニメ版でも証明されれば、スピンオフコミックのアニメ化も検討されるかもしれません。

 視聴率トップを走っていた過去のイメージから脱却できず、低迷が続いていたフジテレビですが、『鬼滅の刃』のこれまでの一連の放送ではオリジナルのコンテンツを尊重し、ファンの声にも耳を傾ける姿勢を見せています。『鬼滅の刃』をきっかけに、フジテレビが「視聴率至上主義」を掲げてきたテレビ業界の慣習に囚われずに、新しい番組編成や番組づくりに舵を切ってくれることを期待したいものです。長い目で見れば、よいコンテンツを視聴者に届けることが、テレビ局にとっても制作サイドにとってもベストのはずですから。

 ちなみに1963年に日本初の連続TVアニメ『鉄腕アトム』を放送開始したのも、フジテレビでした。『鉄腕アトム』を制作した虫プロは、海外での放映権や関連グッズの売り上げで制作費の赤字をカバーしたそうですが、アニメーターたちの制作環境が劣悪で、賃金がずっと抑えられてきたことは長年の課題となっています。この機会にアニメ業界の構造的問題も、解決に向かうことを願います。

※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記