誰かのために立ち上がる主人公に共感

 2021年10月8日(金)公開の劇場オリジナルアニメ『神在月のこども』は、母を亡くしたことで生きがいを失った12歳の少女が、神々の歯車によって出雲へ向けて走り出す冒険物語です。

 主人公・カンナの声を担当するのは、現在放送中のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』などで注目を集める女優、蒔田彩珠(まきた あじゅ)さん。声優初挑戦の感想や、出雲への訪問体験などについて、お話を聞きました。

* * *

ーー『神在月のこども』への出演は、声優の仕事への初挑戦となりましたね。

蒔田彩珠さん(以下、蒔田) いつかアニメの声の仕事にも挑戦してみたいと思っていましたが、初めてが主人公役でびっくりしました。カンナの挑戦しようとする姿が、初めて声の仕事に挑戦する自分と重なり、演じてみたいと思いました。

ーー好きなアニメ作品はありますか?

蒔田 スタジオジブリの作品が好きです。ジブリ作品は俳優さんが声を担当することが多いので、自分もいつか出演できたらと思っています。

ーー完成した映画についての感想は?

蒔田 最初の20分くらいは少し恥ずかしさがありましたが、中盤でカンナが走り出してからは自分の声なのに、ウルっとしていました。

ーー演じたカンナに自ら共感するところはありましたか?

蒔田 誰でも挫折することはあると思いますし、それでも誰かのために立ち上がろうとするところは、私にもあるなと思いました。

ーーカンナは負けず嫌いな性格ですが、蒔田さんのなかで共通する部分は……

蒔田 私も、めちゃくちゃ負けず嫌いです。兄が2人いるので、鍛えられました(笑)

蒔田彩珠さんが演じるカンナ。母を亡くしたことがきっかけで走ることが嫌いになってしまったが……

苦戦した収録、自宅でも脚本を読んで練習

ーーカンナが母の形見に触れたことで神使の兎・シロが現れ、カンナは全国の神々が集まる出雲へと旅立ちます。蒔田さんは出雲に行ったことがありますか?

蒔田 この作品のプロモーションで出雲に行かせていただきました。出雲は自然が多く、どこに行っても神社が目に入りました。特に出雲大社はとても広かったので感動しました。

ーー収録にあたって、四戸俊成監督から何か要望はありましたか? また、苦労された点はありますか?

蒔田 私の声がもともと少し低いので、小学生の声に聞こえるように声のトーンについてのお話はありました。普段演じるときは家で声を出して台本を読んだりしないのですが、今回は家で声を出して読んだりもしました。初めての挑戦で、時間もかかり苦戦しましたが、収録が終わったときは達成感がありました。

ーー趣味として楽しんでいることはありますか。

蒔田 映画を見るのが好きです。ひたすら映画を見ているとリフレッシュできますね。最近は『アイ・アム・サム』を見て泣きました。

ーー最後に、『神在月のこども』を楽しみにしている方、興味がある方に向けて、メッセージをお願いします。

蒔田 何かに挫折したり、諦めそうになってもまた立ち直り頑張ってみようという気持ちになれる、そして自分も何かに挑戦しようと思える作品だと思います。年齢問わず多くの人に見ていただきたいです。

●劇場アニメ『神在月のこども』は、2021年10月8日(金)から全国ロードショー。
配給:イオンエンターテイメント
(C) 2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

公式サイト:http://kamiari-kodomo.jp/