膨大な数の名シーン

 42年前の今日、1979年10月20日は、『機動戦士ガンダム』第29話「ジャブローに散る!」が放送された日です。ジオン軍の猛攻をかろうじてくぐり抜け、連邦軍の根拠地であるジャブローに到着したホワイトベース隊でしたが、28話でミハル・ラトキエがもたらした情報をもとに後をつけられ、シャア・アズナブル主導による大規模な攻撃を仕掛けられてしまいます。

 空中から降下するジオンの大規模なモビルスーツ部隊や、RGM-79ジムをはじめ迎撃にあたったホワイトベース隊などによる激しい戦闘は数多くの印象的なシーンを生み出しており、『機動戦士ガンダム』屈指の名作回と言えるでしょう。

 いま改めて「ジャブローに散る!」を見返し驚かされるのは、作画の力の入りようです。特に序盤、ジャブロー入港直前に舞い上がった蝶の群れは実に見事な描写で、29話のために集ったスタッフの実力の高さと力の入りようが伺えます。ジャングルを切り裂くようにして基地への侵入口が現れるシーンも、「ついに重要な拠点にたどり着いたのだ」と、ひと目でわかる重厚さを感じさせるものでした。

 ドラマの部分も入念に構成されており、傷ついたホワイトベースの修理に現れたウッディ大尉は戦死したマチルダ・アジャン中尉の婚約者で、マチルダ中尉を救えなかったことを謝罪するアムロに対し、「戦いはガンダム1機で勝てるものではない」とたしなめます。愛する人を失い傷ついているはずなのに、表には出さず冷静沈着さを保ち自らの職務を全うする。ひと癖もふた癖もある登場人物のなかで、ひとりの職業軍人として誠実かつ真面目に振る舞ったウッディ大尉の姿は、ひときわまぶしく映ります。

 しかしこの時、シャアはすでにジャブロー攻撃に備え準備を進めていました。シャア専用の赤いズゴックに新型モビルスーツのゾック、先遣隊のゴッグ2機、そしてガウ攻撃空母の大編隊に搭載された大規模なモビルスーツ部隊が、ジャブロー攻撃のために続々と集結しつつあったのです。

連邦軍の拠点、ジャブローを圧倒した、シャア専用ズゴック。画像は「RG 機動戦士ガンダム MSM-07S シャア専用ズゴック 1/144スケール 色分け済みプラモデル」(BANDAI SPIRITS)

大量に登場したモビルスーツに興奮

 ジオン軍の攻撃を察知した連邦軍は第一種戦闘配置を発令しますが、このとき指示を出した連邦軍の士官はわずかな兆候から大規模な攻撃を予見しており、ジャブローには優秀な人材が配置されていることを伺わせます。

 さらに次のシーンでは、修理中のホワイトベースの横によく似た灰色の船体が描写されているのも重要なポイントです。『ガンダム』以前のロボットアニメにもしばしば母艦や拠点は登場しましたが、ホワイトベースも量産型兵器のひとつでしかないとはっきりと描写したことは、アニメの歴史において画期的な出来事と言えるでしょう。

 そして、ガウ攻撃空母から次々と降下していくザク、グフ、ドムは、迎撃に上がったフライマンタや地上からの銃砲撃により撃破されていきます。それでも28機のモビルスーツが降下に成功し、連邦軍の地上部隊と激しい交戦に入ります。

 しかしこのとき、ジオン軍を引き連れてきた厄介者とみなされたホワイトベースには情報が回されず、ブライトは激怒していました。前話でミハルを失ったカイはジオンを叩くと決意し、セイラとアムロはGブルで出撃。ガンダムの生産タイプであるRGM-79 ジムも姿を現すなど、息つく暇もない重要なシーンが次々に映し出されていきます。

 やがてアムロは、圧倒的な強さを見せる赤いモビルスーツに遭遇します。61式戦車を次々と撃破し、迎撃に出てきたジムにありえない速度で接近し、アイアンクロ―を胴に突き立てた姿を見たアムロは、シャアの存在を確信します。このときシャアが見せた歓喜の笑みと、ガンダムとズゴックが対峙するシーンは、シャアとアムロのライバル関係を示した屈指の演出となっています。

 ビームライフルをかわしてガンダムに肉薄したズゴックは、離れ際にビームを放ちガンダムのシールドに直撃させます。ここでアムロはビームを受けて倒れたと見せかけ、逆にシールド越しにズゴックを狙い撃ちにしようとするのです。

 直後にウッディ大尉がファンファンで攻撃を仕掛け、命と引き換えにズゴックのモノアイを破壊したためシャアは撤退してしまいますが、一連のシーンはシャアの技量にアムロの成長が追いついたことを示しており、いま振り返ればこの戦闘からシャアとアムロの真の戦いが始まったと言えるかも知れません。