我々は遠くから来た そして、遠くへ行くのだ

 2021年10月26日(火)、『カムイ伝 第二部』などを連載した白土三平氏が8日に誤嚥(ごえん)性肺炎で、その弟で作画を担当した岡本鉄二氏が12日に間質性肺炎で亡くなられたことがビッグコミック編集部から発表されました。白土先生は『サスケ』や『忍者武芸帳・影丸伝』『カムイ伝』など多くの忍者作品を生みだすなかで身分社会における過酷な階級闘争を描き出し、熱狂的な支持を得ました。

 ついに、白土先生が亡くなられてしまいました。過去に執筆予定を口にしていた『カムイ伝』の第三部を目にすることはもう叶いません。若いころ、友人に『カムイ外伝』の第二部20冊を借り、むさぼるように読んでもなお足りず、結局自分でも全巻揃えてから20年以上が経ちました。今日、この追悼文を書くために改めて読み直してみましたが、執筆当時に考えられていた江戸時代の姿をリアルに映し出し、過酷な身分社会のなかでそれぞれの人生を懸命に生きようとする人びとの姿はまったく色あせません。

 さて、白土先生といえば、1960年代のTVアニメで多くのヒット作を出したことでも知られています。まず1964年には『忍者旋風(風魔忍風伝)』、『風の石丸』を原作とした『少年忍者 風のフジ丸』が白黒作品として放送されましたが、制作会社が起こした権利関係のトラブルにより、29話からクレジットが削除されています。

 続いて1968年には代表作のひとつである『サスケ』が放送されました。真田幸村配下の猿飛忍軍の一員である大猿大助の息子、サスケを主人公とした物語で、小さな体で忍術を駆使して大人の忍者をやっつける姿に、当時の子供たちは熱狂していたそうです。本作はカラー作品だったため再放送の機会に比較的恵まれており、視聴したことがある方も多いのではないでしょうか。

 そして1969年には『忍風カムイ外伝』が放送されています。終了後に放送されたのが、ご長寿TVアニメとなった『サザエさん』だったことからも、白土作品の歴史の長さをうかがい知ることができます。

マンガ『カムイ外伝』20巻(小学館)

ドラマ・リアリティ・イデオロギーの3要素をマンガで体現

 当時、数多く制作されたマンガのなかで、なぜ白土作品は特別だったのか。手塚治虫先生は、「白土作品の登場によりマンガに重厚なドラマ・リアリティ・イデオロギーが必要になった」と語られています。

 それまでの時代劇マンガではあいまいだった、身分による軋轢(あつれき)や、身分を超えようとする人びとのあがき苦しむ姿。カムイの使う変移抜刀霞斬り、飯綱落とし、十文字霞崩しをはじめとする、鍛え上げた人間なら条件次第で実現できるかもしれない技の数々。確かに手塚先生のおっしゃる通り、白土先生の作品には上記の三要素が濃厚に感じられます。

 そしてこの3要素を表現するために大きな力となったのが、岡本先生です。1950年代から60年代前半にかけて貸本漫画家として『忍者武芸長』『サスケ』『忍法秘話』など多数の作品を世に送り出していた白土先生でしたが、大作『カムイ伝』を構想したものの、連載可能な場はこの時期存在していませんでした。

 そこで出版社・青林堂創業者の長井勝一氏と手を組み、日本初の青年向けマンガ雑誌『ガロ』を創刊、同時に赤目プロダクションを創設し量産体制を確立、第4号より『カムイ伝』連載を開始しました。

『カムイ伝』の前半は当時白土先生のアシスタントであり、後に『子連れ狼』で大ヒットを飛ばす時代劇漫画家の小島剛夕(こじま ごうせき)先生がペン入れを行っていましたが、途中で降板し、岡本先生が作画を担当するようになります。

 なお、おおよそ前半3分の2が小島先生の担当分であり、岡本先生は後半の3分の1を担当しているようです。その後の岡本先生は文字通り兄の右腕となり、描かれている人物がまるで本当に生きているかのような重厚な絵で、作品に命を吹き込み続けました。

 人の呼吸と土の臭い、川のせせらぎ、潮の香り。ささやかな人生の楽しみ、怒り、笑い、悲しみ、そして希望。白土先生と岡本先生はその文字と絵で、私たちが知り得ない時代の、出会えない人びとの営みを教えてくださいました。謹んでご冥福をお祈り申し上げるとともに、素晴らしい作品を世に出していただいたことに深く感謝申し上げます。