少女はいつから“限界”を迎えていたのか…?

 主人公の少女は、日常の“ループ”に悩まされています。1日が終わると、また“今日”の朝が始まり、グチャグチャにしたぬいぐるみも起きるとリセットされているのです。“ループ”から抜け出したい彼女は、原因が同居している友人にあるのではと感じてついに……。

 爆発電波さん(@explosionpsycho)が、一風変わった独特な雰囲気の創作マンガをTwitterで公開しました。読者からは「あぁ……ってなりました」「こういう話大好き」などのコメントが寄せられています。

 作者の爆発電波さんに、お話を聞きました。

ーー爆発電波さんがマンガを描き始めたきっかけを教えて下さい。

 漫画家さんを目指していたので幼い頃から描いていましたが、今は思い付いたら描く程度です。

ーー今回の作品はどのように生まれましたか?

 外を歩いている時に何となくボンヤリと思い付き、「これはいい感じになるのでは!」と考え、家に帰ってすぐに描きました。

ーー「また同じ時間に電車が来ている」というセリフは秀逸ですね。どのように思い付きましたか?

 描いている途中に思い付きました。あまり深く考えず入れたセリフだったのですが、秀逸と言っていただけてうれしいです。

方法は不明だがとにかく原因は友人と断定(爆発電波さん提供)

ーー作中の登場人物の表情がとても印象的です。ご自身で特に気に入っているコマがあれば教えて下さい。

 最初のページの、手で顔を覆うところが気に入っています。

ーー作品に対する読者からの反応では、どのような声が特に印象に残りましたか?

 いつも、私のマンガは「分かりづらい」と言われるのですが、「救いがないところがいい」と言っていただいて、ちゃんと伝わったんだなとうれしく思いました。

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 マンガはあまり描かないのですが、これからも絵などいろいろ投稿していきたいと思っております。