シェリー酒を片手に「ゼファー先生」へ捧げる名セリフ

 さまざまなマンガ・アニメで描かれる友人や同僚、恩人や家族との死別……。涙なしでは見られないエピソードが多々描かれますが、故人を悼む「墓前シーン」も人気作の定番です。

 この記事では、人気マンガ・アニメで描かれた感動の「墓前シーン」をピックアップ。キャラクター同士の強い絆や友情が垣間見える、印象的な名セリフとあわせて紹介します。

※この記事では『ONE PIECE FILM Z』『鋼の錬金術師』『銀魂』『WORST』のキャラの生死に関わる描写を含みます。

●『ONE PIECE FILM Z』

 まずは、原作コミックス第100巻が発売され、さらに注目を浴びている国民的アニメ『ワンピース』。同作といえば、さまざまなキャラクターの「死」や「別れ」の感動シーンが描かれます。なかでも筆者が強い衝撃を受けた「墓前シーン」が『ONE PIECE FILM Z』で描かれました。

『ONE PIECE FILM Z』は2012年に描かれた劇場版12作目。最終興行収入はシリーズ最高となる68億7000万円を記録するなど大ヒット。「黒腕のゼファー」と呼ばれた伝説の海軍元大将を相手に、麦わらのルフィが「新世界」の命運をかけて戦いを挑む物語です。

 ゼファーは、もともと「全ての海兵を育てた男」と言われるほどの海軍の名教官。海軍最高戦力「三大将」の「青キジ」「赤犬」「黄猿」らを教えていました。しかし、演習中に海賊に襲われたある事件をキッカケに教え子たちを失い、海軍や世界に絶望。「ゼット(Z)」と名を変え、生き残った教え子のアインやビンズらとともに「NEO海軍」を名乗り「新世界」を滅ぼそうとするのです。

 ゼットとなった後も「ゼファー先生」と慕う青キジは、恩師を死なせたくないため、計画を止めようと説得しますが「海賊という悪を滅亡させるため」「海軍には真の正義を遂行できない」と聞き入れられることはありませんでした。

 最終局面では、ゼットは海楼石製のバトルスマッシャーを武器にルフィと戦いますが、共倒れのような形で敗北。企てを阻止されると、その戦場を大将「黄猿」率いる海軍に囲まれてしまい、自分の犯した過ちに落とし前をつけるためルフィらを逃がし、海軍に戦いを挑みます。かつての教え子らを相手に「お前たちに最後の稽古をつけてやる!」という最期の言葉を吐き、涙を流しながら戦う教え子らに敗れて戦死してしまいます。

 その後、アインとビンズがバトルスマッシャーを墓標に墓を作りますが、ふたりは号泣。そこへ、「ゼファー先生が好きだった」という思い出の“シェリー酒”を持った青キジが訪れ「泣くな! 男が自分の人生に一本、筋を通して逝ったんだ」「かっこいいじゃねえか……」と、墓前で感動のセリフを残すのでした。

 恩師であるゼファーのようになりたかった青キジは、まねしてよくシェリー酒を飲んでいたそうです。アインとビンズの悲しんでいる様子、そして青キジの行動が、ゼファーがどれだけ求心力のある人格者だったかを物語るシーンでした。

親友で戦友の墓前シーンに涙するファン続出

●『鋼の錬金術師』

マスタング、ヒューズ、ホークアイが表紙に描かれる『鋼の錬金術師』第15巻(著:荒川弘/スクウェア・エニックス)

 続いては、荒川弘さん原作の人気アニメ『鋼の錬金術師』。主人公は、兄のエドワード・エルリックと、弟のアルフォンス・エルリックによる、若き天才錬金術師。肉体を失ったアルフォンスを元に戻すため「賢者の石」を探し求め、その裏に潜む真実と対峙する物語です。

 この記事で紹介したいのは、エルリック兄弟の旅路で出会うアメストリス軍のロイ・マスタング大佐と、マース・ヒューズ中佐です。ふたりは親友であり戦友。イシュヴァール殲滅戦と呼ばれる凄惨な戦争を共に戦い、夢を語りあった仲です。

 ヒューズ中佐は、とことん愛妻家で親バカな人格者。作中屈指の人気キャラクターです。面倒見もよく、エルリック兄弟の「賢者の石」を探す目的にも尽力しますが、頭の回転が早いばかりに「賢者の石」の真相にいち早く辿りつき、「ホムンクルス」と呼ばれる化け物に殺されてしまうのです。

 ホムンクルスのエンヴィーに殺される直前、投げナイフで反撃しようとしたヒューズでしたが、姿形を変えられるエンヴィーは、ヒューズの最愛の妻・グレイシアに変身。ヒューズは反撃できないまま殺されるのでした。

 後日、ヒューズの葬式に参列したマスタング大佐。墓前で「殉職で二階級特進……ヒューズ准将か」「俺の下について助力するといっていた奴が上にいってどうする」と言いつつも突如「いかん、雨が降ってきたな」と帽子を深く被ります。部下のホークアイが晴れた空を見ながら「いいえ、雨なんて……」と返しますが「いや、雨だよ……」と、ひと筋の涙を流すのです。

 いつも冷静なマスタングがヒューズの死に大変ショックを受けていることが分かるこの墓前シーンに、マスタングのように涙を流したファンは少なくないのではないでしょうか。

●『銀魂』

 続いては、2021年1月に映画『銀魂 THE FINAL』でフィナーレを迎えたアニメ『銀魂』。

 同作は、志村妙(しむら・たえ)と新八(しんぱち)の亡き父や、志村姉弟が経営する恒道館の元塾頭・尾美一(おび・はじめ)、そしてお登勢(とせ)の亡き夫など、さまざまな故人の「墓前シーン」が描かれました。

 なかでも感動的に描かれた墓前シーンが、戦闘民族・夜兎族(やとぞく)の神楽(かぐら)が、亡き母・江華(こうか)の墓を訪れた際のエピソードではないでしょうか。

 神楽の兄・神威(かむい)は、母が大好きな子供でしたが、母が日に日に体調が悪化する理由が父・星海坊主(うみぼうず)にあると知り、「宇宙最強」の父を超えようと夜兎族の風習「親殺し」を実践。しかし、返り討ちに遭うと、それ以降、神威は家族と離れて宇宙をさまよう海賊になっていました。

 アニメ「洛陽決戦篇」では、そんな神威と星海坊主、神楽ら家族が故郷に集結。神威は星海坊主と神楽と死闘を繰り広げますが、最終的に神楽が戦いを収めました。その後、神楽と星海坊主が故郷を発つ際、江華の墓を訪れると、神威が一足先に江華が好きだった花を手向けていたのです。

 神楽と星海坊主のふたりとも、江華が好きだった花の種類を覚えていませんでした。ですが、神威だけはしっかり覚えていたのです。神威の母への想いや家族への愛情を感じ取れた感動シーンでした。

漢同士の友情に感動する墓前シーン!

●『WORST(ワースト)』

河内鉄生を主人公としたスピンオフ『WORST外伝 ドクロ』(著:高橋ヒロシ、きだまさし/秋田書店)

 最後は、高橋ヒロシさんによる人気作『WORST』からピックアップ。同作は、「カラスの学校」の異名を持つヤンキー高校「鈴蘭男子高校」をメイン舞台に、同校に通う主人公・月島花(つきしま・はな)がケンカを通して人間的に成長していく物語です。

 そんな「鈴蘭男子高校」と敵対する作中屈指の人気チームがバイク集団「武装戦線」。個性的なキャラクターが多い武装戦線のなかでも、6代目頭(ヘッド)河内鉄生(かわち・てっしょう)が好きなファンは多いのではないでしょうか。

 鉄生は、敵組織の頭や副頭を拉致して抗争を収めるなど、型破りで問題児扱いされることもしばしばですが、7代目頭となる村田将五(むらた・しょうご)をはじめ、後輩に慕われる頼れる男でした。

 しかし、月が綺麗な夜、鉄生と将五がふたりで単車を走らせていると、大学生が飲酒運転する車に鉄生が跳ねられて亡くなってしまうのです……。

 後日、鉄生の墓に武装戦線に所属した歴代の猛者たちが集まりました。5代目頭・武田好誠(たけだ・こうせい)や4代目副頭・村田十三(むらた・じゅうぞう)などそうそうたる面々が登場しますが、最後に墓を訪れた鉄生のライバル・花木九里虎(はなき・ぐりこ)の墓前シーンが感動的なのです。

 九里虎は同学年ということもあり、鉄生は九里虎に何度もタイマンを挑みますが連戦連敗。それでも九里虎も認めるほどの実力者で、因縁のあるふたり。そんな九里虎が墓を訪れ「死んだら…死んだらいかんバイ…」「の?鉄生…」とショックを受けながら墓標に話しかけたセリフは、多くのファンの涙腺を崩壊させました。

* * *

 以上、人気マンガ・アニメで描かれた感動の「墓前シーン」をピックアップして紹介しました。皆さんの心に残っている「墓前シーン」はありますか?