「お笑い要員化」で人気が爆発、前代未聞の仮面ライダー

 平成以降、仮面ライダーシリーズは1作品のなかで多くの仮面ライダーが登場するようになりました。それゆえに、さまざまなタイプのライダーが存在します。メインとなる主人公の仮面ライダーに対し、その相棒的ポジションの仮面ライダーは、昭和シリーズに合わせて「2号ライダー」と呼ぶ人もいました。他にも敵味方、さまざまな立ち位置の仮面ライダーがいます。

 そのなかで筆者がいつも注目しているのが、物語中盤に最強の敵として登場しながらも、最終的には味方になる仮面ライダーです。本来は「あれほど強かった敵が味方になって心強い」となるはずのキャラクターが、近年ではなぜか「キャラ崩壊」かと思うほど性格や行動が変わって、味方側の「お笑い要員」になってしまうのです。そんな風に思ってしまうのは筆者だけではないかもしれません。

 今回は、そんな憎々しい敵キャラから、愛される味方キャラへと変身した3人のライダーをご紹介します。

 まずは『仮面ライダーエグゼイド』に登場した檀黎斗(だんくろと)こと仮面ライダーゲンム。「お笑い要員になったライダー」と見た瞬間、頭に思い浮かべた人も多いことでしょう。そのインパクトは絶大で、のちに他の仮面ライダーシリーズにも登場し、他作品の仮面ライダーと共演している人気キャラです。

 最初は味方のふりをして動いていた悪役のひとりで、敵として倒された後、味方として復活した時は「新檀黎斗」と名乗り、さらに最終的に「檀黎斗神」と自称するなど、終始フリーダムな性格で物語にも影響を与えました。

 そんなゲンムの魅力は設定やキャラクター性以上に、演者である岩永徹也さんの演技力によるところが大きいのではないでしょうか。作品序盤での協力者としての理知的な演技から、事件の黒幕として表に出てきて以降の狂気的な演技、その後いつ裏切るかわからないながらも味方になってからのオーバーな演技、さまざまな面を見せて視聴者を引きつけ、主人公以上に注目されていたと思います。

 岩永さんのエキセントリックな演技をきっかけに、スタッフもクールな二枚目を想定していたキャラを暴走させたとコメントしています。岩永さんの演技力の高さが檀黎斗というキャラを生き生きとさせるきっかけになったのでしょう。

 放送中から人気が高かった仮面ライダーゲンムは、岩永さんの声が入った「新檀黎斗ver.」の変身ベルトが限定販売されたり、放送後に本来はイラストを使用しているTCGの「バトルスピリッツ」で、スチルを使ったカードとして登場したりと、異例のグッズ展開もされました。さらに「S.H.Figuarts」シリーズで変身前の姿のフィギュアまで発売されたことは、仮面ライダーシリーズはもちろん、他の特撮作品でもあまり例のないことでした。

 また、岩永さん自身も檀黎斗の人気に後押しされて、役者としてだけでなくバラエティやクイズ番組でも活躍しています。クイズの回答者として答える姿は、序盤のまだ普通だった頃のクールな檀黎斗を彷彿とさせるものでした。

 このように、ある意味ネタキャラとして存在感を示した檀黎斗ですが、実の親がラスボスという、主人公のような重い設定もあることを忘れてはいけません。彼もれっきとした仮面ライダーとしての宿命を背負っているのです。

シリアスな一面もあるが服装がとにかくダサい、氷室幻徳こと仮面ライダーローグ。画像は「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーローグ『仮面ライダービルド』(魂ウェブ商店限定)」(バンダイ)

Tシャツで語る男と、兄が好きすぎる妹

 続いては『仮面ライダービルド』に登場した氷室幻徳(ひむろげんとく)こと仮面ライダーローグ。物語序盤では正体不明の怪人・ナイトローグとして暗躍しています。

 幻徳も大きく分けて3段階、立場が変わりました。最初は主人公たちを利用しようとする非情な独裁者、その立場を失った中盤では敵の仮面ライダーとして立ちふさがるライバル的存在、そして終盤は和解して味方になっています。

 しかし幻徳の場合、比較的早い段階の中盤で自分の犯してきた罪と向き合うという展開が用意されていました。なぜなら、物語当初はパンドラボックスの影響で好戦的な性格になっていた幻徳は、仮面ライダーになったことで本来のやさしい性格を取り戻し、自分のやってきた非道な行いの数々に苦しんでいたからです。昭和風に言えば、「洗脳が解けた」ということでしょうか。そして、味方として戦うようになった直後、尊敬する父親を亡くすという悲劇にも襲われます。

 ここまで重い宿命を背負ってきた幻徳でしたが、本格的に主人公側に仲間入りを果たした時から視聴者の度肝を抜くような一面があらわになりました。誰もがおどろいたのは幻徳のファッションセンスでした。私服姿を見た仲間たちから「ダサい」「もはやどこから突っ込んでいいのかわかんねぇ!」「これ放送事故レベルでしょ」……とまで言われます。これに対して幻徳は「服はすべてオーダーメイドだ」と答え、「見る目ねぇな」のひと言で片づけました。

 この後も、文字の書かれたさまざまなTシャツで会話をするという珍妙な行動をするなど、幻徳の服に関する話題は事欠きません。ちなみにこのTシャツは実際に販売されていましたが、売り上げはどうだったんでしょうか?

 物語当初から幻徳には「天然のお坊ちゃん」という設定が用意されていましたが、敵側にいたときはあえて表面に出さないようにしていたそうです。

 最後は、『仮面ライダーセイバー』に登場した神代玲花(しんだいれいか)こと仮面ライダーサーベラです。

 初登場時はミステリアスで冷静沈着なクールビューティというイメージがあり、女性ながら男性ライダー顔負けの強さを見せました。やがて兄の神代凌牙こと仮面ライダーデュランダルとともに主人公たちを苦しめます。この頃から凌牙を「お兄様」と呼んで妹キャラとしての側面を見せるようになりました。

 しかし、忠誠を誓っていたマスターロゴスが正義のためでなく、世界を滅亡させる神になろうという企みを持っていたことを知り、兄とともに離反します。それ以降、主人公側として行動をともにするようになりました。

 ところが、尊敬する兄が新たな仲間たちと関わることが増えた結果、嫉妬のあまり激高する場面が増えてくるのです。そのメラメラと燃える嫉妬の炎が特撮で表現されるという場面もありました。

 特筆すべきは、映画公開記念合体SPで『機界戦隊ゼンカイジャー』とコラボした際の、戦隊側キャラであるマジーヌとの仲の良さです。この理由は放送だけ見ていてもわかりませんが、玲花役のアンジェラ芽衣さんが『ゼンカイジャー』ファンでマジーヌを超激推ししていたからだそうで、ハグの場面ではウェディングベルが鳴るという異例の演出がされていました。

 他にもご紹介したい仮面ライダーはいますが、今回は筆者が気になる御三方で失礼します。今後も敵から味方へと華麗な変身をする仮面ライダーは増えていくことでしょう。憎らしい敵が出たとしても、そのうち味方になるかも?……と想像したら見方が変わるかもしれませんね。