声優デビュー数年で人気声優の仲間入りを果たす

 12月27日は声優の折笠富美子(おりかさ ・ふみこ)さんのお誕生日です。折笠さんといえば、これまでにさまざまなタイプのキャラを演じてきました。その軌跡を振り返ってみましょう。

 高校時代、音楽の道に進むか悩んでいた折笠さんは、たまたま見つけた劇団の募集に興味を持ち、オーディションを受けて見事合格、高校卒業後に劇団入りしたそうです。最初の頃は俳優としての仕事がメインで、NHK大河ドラマの『徳川慶喜』(1998年)にも出演していました。

 その後、活躍の場所を広げようと、アニメ『GTO』(1999年)のヒロインである冬月あずさ役で声優デビューします。同じ時期に『装甲救助部隊レストル』(1999年)でもヒロインのミア・リリエンタールを演じ、『∀ガンダム』(1999年)では月の運河人で主人公ロラン・セアックの幼なじみドナ・ロロイで「ガンダム」シリーズデビューも果たしていました。

 その翌年、TV特撮作品『未来戦隊タイムレンジャー』(2000年)でタイムロボターというマスコットロボットの声を演じています。特筆すべきなのは、このロボターはセリフをしゃべるオモチャとして商品化されているので、折笠さんの声でしゃべるオモチャ第1号かもしれないという点です。

 こうして順調にTV番組でレギュラー役を演じた折笠さんですが、筆者が印象に残るようになったキャラは『デジモンテイマーズ』(2001年)の牧野留姫が初めてでした。クールに見える面がありながらも、仲間たちとの行動から徐々に成長していくという、難しい役どころを1年間演じています。

 そして、広く人びとの間に折笠さんの名前が浸透したのは、『あたしンち』(2002〜2009年)の立花みかんでしょうか。作中での演技はもちろん、ショートコーナーなどの出番も多くて印象的でした。他の作品ではあまりない普通の女の子という感じが良かったです。

 デビューからまだ数年しか経っていないこの時期に、『キン肉マンII世』(2002〜2006年)の二階堂凛子、『最終兵器彼女』(2002年)のちせ、『宇宙のステルヴィア』(2003年)の藤沢やよい、『金色のガッシュベル!!(2003〜2006年)のシェリー・ベルモンドなど、ひとつの型にはまらない色々なタイプのキャラを演じており、幅の広さを感じさせる演技を見せてくれた印象が強くありました。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』シャーリー・フェネット役 画像は『コードギアス COLLECTION コードギアス反逆のルルーシュ DVD-BOX』(バンダイビジュアル)

シャーリー、ルキア…違うタイプの女性も巧みに演じきる技術の高さ

 幅広い演技を見せる折笠さんですが、声質は大きく分けてふたつのタイプに分かれていると思います。それは守ってあげたくなる鈴が鳴るようなかわいい声の妹タイプのキャラと、凛々しいイメージの強い低くクールな姐さんタイプのキャラでしょうか。そういうイメージから、筆者が印象的なキャラをチョイスしてみます。

 折笠さんのかわいい女の子と言えば、『コードギアス 反逆のルルーシュ』(2006〜2008年)のシャーリー・フェネットがまず思い浮かびます。日常パートでの学園生活では間違いなくヒロイン確定の存在感がありました。

『黒子のバスケ』(2012〜2015年)の桃井さつきは、当初はトラブルメイカーに思えた存在でしたが、徐々に見えてきた心に秘めた純真な気持ちが魅力でした。最後に苦労が報われたような、ディスク特典で描かれた最終回後のエピソードはファンには必見です。

『スイートプリキュア♪』(2011年)の南野奏/キュアリズムは、プリキュアシリーズらしい女の子同士の友情描写が秀逸で、ケンカするほど仲がいいという演技がとても魅力的でした。シリアスからギャグまでいろいろな演技を見せています。

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(2004年)のメイリン・ホークは出番こそあまり多くありませんでしたが、アスラン・ザラを助けての基地脱出のシーンはインパクトがありました。

 一方、低くてクールなイメージのキャラと言えば、一番手に上がるのはやはり『BLEACH』(2004〜2012年)の朽木ルキアでしょうか。長年、演じてきたこともあって折笠さんの代表作のひとつと言っても過言ではないと思います。近年、始まる新シリーズでも活躍を期待したいところです。

 クールなイメージと言えば、『銀魂』(2006年)の柳生九兵衛も忘れてはいけません。シリアスなだけでなくギャグパートも多く、ほかの登場人物がツッコミを入れるようなボケっぷりが最高のキャラでした。

 逆に冷静なツッコミが多いキャラだったのが、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(2009〜2010年)のリザ・ホークアイです。まさしくクールビューティーな雰囲気を、声だけで具現化したような良さがありました。

 このほかにもOVA『聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編』(2005年)以降の城戸沙織/女神アテナや、『ONE PIECE』(1999年〜)では犬嵐銃士隊のワンダなど、大人の女性も多く演じている印象があります。

 紹介したキャラたちを見ても、折笠さんはかわいい少女の声も、低くてクールな声も魅力的に演じてきた声優だと思いませんか? これからもさまざまなキャラに命を吹き込んで我々を楽しませてもらえればと思います。あらためて折笠さん、お誕生日おめでとうございます!