10年経っても絶好調な美少女アニメ

 世の中の移り変わりが激しいことを例えた、「十年一昔」という四字熟語があります。アニメ界でも、「この作品がもう10年前?」と思ってしまう作品はザラにあります。今回は来年2022年に10周年を迎える、2012年の代表的なTVアニメをご紹介。映画館では『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』や『おおかみこどもの雨と雪』などのヒット作が上映されていましたが、TVでも現在までシリーズが続く人気作が多く始まっていたのです。

●『アイカツ!』(2012年10月放送開始)

 主人公や舞台を変えながら、アイドル活動=アイカツを行う少女たちを描いてきた『アイカツ!』シリーズも2012年で10周年を迎えました。放送開始当時に対象年齢の6歳だった子供も、今や立派な高校生です。

 最新作は2021年1月から6月まで放送された『アイカツプラネット!』。これはアニメと実写を融合させた意欲作であり、しっかりと『アイカツ!』らしい物語も描いた傑作でしたが、それ以降はアニメ展開の動きは見られません。10周年を迎える2022年に、何か新しい発表があることを期待したいです。

●『ガールズ&パンツァー』(2012年10月放送開始)

劇場版も話題になった『ガールズ&パンツァー』10周年プロジェクトロゴ (C)GIRLS und PANZER Finale Projekt (C)GIRLS und PANZER Film Projekt (C)GIRLS und PANZER Projekt

『ガールズ&パンツァー』は、戦車を使った武道「戦車道」に励む少女たちの戦いを描くハートフル・タンク・ストーリーです。2012年10月に放送が始まったTVシリーズは、放送延期を挟んで2013年3月に完結。その後はOVAや映画がコンスタントに発表されています。2015年に公開された『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、ド迫力の戦闘シーンと映画館の相性の良さもあってか大反響を呼び、ロングランヒットとなりました。

 そんな『ガルパン』は、先日10周年プロジェクトの始動が発表されたばかり。現在は全6話を予定している『最終章』を展開中で、2021年は第3話までが公開されました。今後のペース次第ではありますが、15周年での完結も射程にとらえているのかもしれません。

「キセキの世代」のアニメでの活躍から早くも10年

●『黒子のバスケ』(2012年4月放送開始)

個々のキャラクターの人気もすごい『黒子のバスケ』ビジュアル (C)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

 2012年に放送が始まった「週刊少年ジャンプ」原作のアニメのひとつが、『黒子のバスケ』です。本作は、藤巻忠俊先生による同名のバスケマンガを丁寧かつ大迫力にアニメ化しています。「友情・努力・勝利」というジャンプらしい王道ストーリーが、全6クールにわたってTV放送されました。

 原作も人気はありましたが、アニメ化後は物語の中心となる「キセキの世代」メンバーを中心にキャラクター人気が爆発し、女性層にも大ヒット。その後、「キセキの世代」がドリームチームを結成する『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』で、堂々たる完結を見せてくれました。

●『ジョジョの奇妙な冒険』(2012年10月放送開始)

1987年の連載開始から25年の2012年に改めてアニメ化された『ジョジョの奇妙な冒険』ビジュアル (C)荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会

 2012年スタートで、長期シリーズとなっているもうひとつの「ジャンプ」原作アニメが『ジョジョの奇妙な冒険』です。荒木飛呂彦先生による同シリーズの独特なビジュアルや雰囲気を、神風動画が見事にフィルムに落とし込んだアニメは長年のファンも納得の出来となりました。盤石な人気を獲得し、2019年までに原作第5部までがアニメ化されました。

 そして2021年12月には、刑務所を舞台にシリーズ初の女性主人公である空条徐倫が活躍する第6部のアニメが、Netflixで先行配信されました。こちらは2022年1月7日から地上波でも放送される予定です。

●『ソードアート・オンライン』(2012年7月放送開始)

2021年に最新映画も公開された『ソードアート・オンライン』ビジュアル (C)川原礫/アスキー・メディアワークス/SAO Project

 ライトノベルのアニメ化が多数行われていた2012年当時、なかでもひときわ輝いていた作品が川原礫原作による『ソードアート・オンライン』です。『SAO』の愛称で知られる本作では、シリーズごとに異なるオンラインVRゲームを舞台に、ゲーマーの男子高校生・桐ヶ谷和人(キリト)とその仲間の戦いが描かれます。

 2021年10月に、最初のシリーズ「アインクラッド編」をリブートした『ソードアート・オンライン プログレッシブ』の映画第1弾『劇場版ソードアート・オンライン-星なき夜のアリア-』が公開されました。その第2弾が10周年となる2022年に公開され、さらに原作もまだ続きがあるだけに、これからも息の長いシリーズとなりそうです。

 今回紹介したのは2012年の代表的なTVアニメであり、あくまでも一部です。ほかにも『中二病でも恋がしたい!』や『戦姫絶唱シンフォギア』といったヒット作から、『夏色キセキ』『アマガミSS+ plus』『キルミーベイベー』『超訳百人一首 うた恋い。』『謎の彼女X』『戦国コレクション』を始めとする多数の名作も放送されました。最新作を追うのも楽しいですが、たまにはこうした変わらぬ魅力を持つ旧作アニメに思いを馳せるのも一興ではないでしょうか。