少女の反応に、悪魔は初めての感情が芽生え? ふたりの長い年月の物語

 王立魔法学校の書庫で本を探していた女の子は、誤って本を落としてしまいました。すると本の中からなんと悪魔が! 悪魔は本に封印されていたのです。久しぶりに出てきた悪魔は、女の子を食べようとしますが……。

 納豆まぜおさん(@mazemazemazeo)による創作マンガ『書に封印されし大悪魔』がTwitterで公開されました。意外にも優しい悪魔が少女と心を通わせていく物語に、読者から「泣いた」「いい話」「尊い」「ふたりの関係が心地いい」「転生してまた会ってほしい」「面白かった」などの声があがりました。

 作者の納豆まぜおさんに、お話を聞きました。

ーー『書に封印されし大悪魔 』のお話はどのようにして生まれましたか?

 怪しい図書館の魔法の書に悪魔が住みついている話を、昔絵本やマンガで読んだことがありました。その悪魔が、やさしい悪魔だったらどんな物語になるだろうと想像して、このお話を描きました。

ーー作品に対する反応で、特に印象に残った読者の声があれば教えて下さい。

 映画の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と似ているというご感想があり、映画を観たことはなかったのですが、興味深かったです。自分の知らないことをコメントで教えていただけることも多く、ご感想はありがたいと同時に勉強にもなります。

最新刊『毒蛇転生』5巻が発売中(ナンバーナイン)

ーー最新刊『毒蛇転生』5巻と『毒蛇転生・外伝 シャウラの世にも奇態な冒険』が同時発売されました。それぞれの内容や見どころなどについてご紹介いただけますか?

『毒蛇転生』は毒沼に落とされた魔法学校のいじめられっ子が、毒蛇に転生する話です。復讐を誓い、レベルアップをして牙を研いでいきます。その過程で新しいスキルを覚えたり、進化して姿・形が変化していくさまが見どころです!

『毒蛇転生・外伝 シャウラの世にも奇態な冒険』は『毒蛇転生』に登場する最強魔女のシャウラが主人公のスピンオフ連載です。『毒蛇転生』は弱者からのスタートですが、こちらのマンガは最強からのスタートなので、また違った読み心地になった作品だと思います!

ーー今後の活動のご予定について教えて下さい。

 2022年は原作事業を本格的にスタートさせる年にしたいと思っております。ネーム原作(マンガの下書き)を僕が書いて、原稿を他の方に描いていただく形です。出版社と同じように原稿料と印税を作画家の方に僕からお支払いします。ちゃんと黒字を出せるように戦々恐々としながらですが、少しずつ進めていきたいです。

 具体的にはすでに2作制作に入っております。気になる方は納豆まぜおのTwitterをフォローしてチェックしていただければありがたいです。