最近増えている「青」アニメ

 アニメ好きであれば、近年のタイトルに「青」に関する作品が最近増えていることに気付いている人も多いでしょう。現在放送中の『アオアシ』や『群青のファンファーレ』だけでなく、21年〜22年以内にTVアニメでは『ブルーピリオド』や『BLUE REFLECTION RAY/澪』が放送され、22年3月には映画『ブルーサーマル』も公開されました。また今後に目を向けると、『ブルーロック』や『青のオーケストラ』『BLUE GIANT』といったマンガのアニメ化が発表されています。

 しかし同じ光の三原色である赤系の色を冠したアニメは『SCARLET NEXUS』や『MARS RED』があるものの緑は特になく、黒や白もそれほど多くありません(『ビルディバイド』がカラーコードを使って副題で黒や白を表現しているのは印象的ですが)。やはり「青」アニメが際立って多いようですが、なぜこうした傾向があるのでしょうか。

●「青」という言葉から得られるイメージ

 結論としては「青」という言葉から連想されるイメージが、題材にマッチしているケースが多いからでしょう。わかりやすい例として挙げると『アオアシ』や『ブルーロック』はサッカーマンガが原作ですが、サッカーで青と言えば日本代表のユニフォームカラーであり、チームの愛称のSAMURAI BLUE(サムライ・ブルー)を思い浮かべる人が多いはずです。

 もちろん『アオアシ』は主人公の名前・青井葦人(あおいあしと)の略でもありますが、原作者の小林有吾さんのブログによると、先に「日本代表」や「未熟」というイメージからタイトルが生まれ、そこから主人公の名前が決まったそう。これら2作と同じ時代に連載されたマンガに『BE BLUES!〜青になれ〜』もそうですが、サッカーをテーマにした作品で「青」がキーワードになるのは自然なことです。

 その他、サッカーに限らず「青」という色から連想されるものと言えば、先述した未熟のほかにも空(グライダーを扱う『ブルーサーマル』はこれに近い)や水、冷たさ、地球、そして青春といった言葉を連想させます。特に「未熟」や「青春」といったイメージは、ティーンの成長がテーマとなることが多い日本のアニメや、その原作となるマンガやゲームと相性がよく、そのためタイトルになることが多いのでしょう。画家のピカソが鬱屈した青年期に描いた作品群を示す言葉「青の時代」を引用した『ブルーピリオド』は、その典型例と言えます。

次にアニメ化しそうなマンガ&ゲームは?

 またこれまでに挙げたものだけでなく、今後もアニメ化しそうな「青」作品は存在します。前述の作品も含め、さまざまな青を感じられる人気作を紹介します。

●『アオのハコ』

『アオのハコ』1巻(集英社)

「週刊少年ジャンプ」で連載中の三浦糀さんによるマンガ『アオのハコ』は、中高一貫のスポーツ強豪校・栄明学園を舞台にしたラブストーリー。男子バドミントン部の主人公猪股大喜(いのまた・たいき)と、彼が恋に落ちたひとつ年上の女子バスケットボール部の先輩鹿野千夏(かの・ちなつ)を中心にした物語が展開します。「アオ」は青春、「ハコ」は体育館を表しているようで、恋愛も部活も全力で頑張る同作らしいタイトルです。

●『青のミブロ』

『青のミブロ』1巻(講談社)

『青のミブロ』は、土方歳三や沖田総司と出会ったことから、のちの新撰組である壬生浪士組に入隊した少年・におの物語です。作者はサッカーマンガ『DAYS』で知られる安田剛士さんで、「週刊少年マガジン」で連載されています。

 タイトルの「青」は、におにとっての青春に加えて、新撰組の代名詞とも言える浅葱色のだんだら羽織のイメージも含まれているのでしょう。先述した、サッカー日本代表のユニフォームと似たパターンです。

●『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』

ゲーム『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』ビジュアル (C)NEXON Games Co., Ltd. (C)2020 Yostar, Inc. All Rights Reserved.

『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』は、学園都市にある学園の先生として、銃火器を所持する生徒たちと日常を過ごすスマートフォン用ゲームです。2021年2月にサービスが始まった同作は、登場する美少女キャラたちの魅力もあって、多くのファンの支持を集める人気ゲームとなりました。

 そんな『ブルアカ』はアニメを使ったPVこそありますが、TVアニメなどはまだ作られていません。しかし過去にはゲームのプロデューサーの「(クリアしなければならないことは多いものの)アニメにしたい」という発言もあったため、意外と一番アニメ化が近い作品かもしれません。