「僕の目を見ると石になる」呪われた少年に優しい聖女だが?

「僕の目を見たものは皆、石化してしまう……」目が呪われた少年・エドは、村の人びとに「メドゥーサ」と恐れられ、両親にも捨てられてしまいました。そんな少年に唯一優しくしてくれるのは、目が見えない聖女・ジーナさんで……。

 玖珂ツニヤさん(@kugatu28)による創作マンガ『目が合ったものを石化してしまう少年と目の見えない聖女の話』がTwitterで公開されました。物語の意外な結末に、読者からは「衝撃のオチ」「そうきたか」「怖い」「いい話かと思ったら」「シスター何しとんねん」「ゆがんだ愛」「好き」などの声があがりました。Twitter投稿は6万いいねを超える反響が集まっています。

 作者の玖珂ツニヤさんに、お話を聞きました。

ーー玖珂ツニヤさんがマンガを描き始めたきっかけを教えて下さい。

 絵を描く仕事を漫画家と画家しか知らなくて、白黒しか描けなかったのでマンガを描き始めました。

ーー『目が合ったものを石化してしまう少年と目の見えない聖女の話』のお話はどのように生まれましたか?

 メドゥーサを使っていびつな愛を描きたいと思い、今作ができました。

ーーたくさんの感想が寄せられています。特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

 誤字の指摘をいただき、あっ気を付けなくちゃなと思いました。

『無口な女の子』(玖珂ツニヤさん提供)

ーーTwitterでは創作マンガを精力的に投稿なさっていますが、これまでに投稿されたマンガで、反響が大きかったもの、ご自身が気に入っているものなどがあればご紹介いただけますか?

 個人的には『無口な女の子』という作品が好きです。

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 読者に楽しんでもらうのはもちろんなんですが、自分が良いなって思うものを作れたらなと思います。