最初は151種類だったポケモン、今は?

 初代『ポケットモンスター』がゲームボーイ用ソフトとして発売されたのは、1996年2月27日。今から26年も前で、その頃ポケモンを手にした小学生は、今はもう30代になります。ポケモンシリーズは便宜的に「世代」という数え方をされていますが、現在発売されている最新シリーズは第8世代、そして2022年11月18日に発売予定の『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』で第9世代にあたります。

 初代の時点で基本的なゲーム構造、面白さは完成しており、それは26年たった今も揺るぎありません。一方で、さまざまな点が大きく変化しています。もしかしたら、初代しか遊んだことがない人は「今こんなことになってんの!?」と驚くかもしれません。初代にはなかった今のポケモンの新要素を紹介します。

●驚きの新要素1:ポケモンは900種超え!

 初代ポケモンといえば151種類でした。小学生の時に「ポケモン言えるかな?」の曲に合わせて覚えた人も多いと思います。それからシリーズを重ねるたびに新しいポケモンが追加され、最新作の『Pokemon LEGENDS アルセウス』に登場したポケモンまですべて含めると、905種類になります。新しいシリーズが出るたび新規ポケモンが登場するため、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』では、いよいよ大台となる1000種類に到達するかもしれません。

広大な世界を自由に冒険できる! (C)2022 Pokémon.  (C)1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

驚きの新要素2:プリンはノーマルタイプ…ではありません

「ポケモン」といえば、タイプが大事です。ほのおにはみず、みずにはでんき、というように相性のいいタイプの技をぶつけて有利に戦うのが基本です。初代「ポケモン」では、ノーマル、ほのお、みず、でんき、くさ、こおり、かくとう、どく、じめん、ひこう、エスパー、むし、いわ、ゴースト、ドラゴンの15種類がありました。次のシリーズ『ポケットモンスター 金・銀』では、さらに「あく」と「はがね」が追加されて17種類に。そこからしばらくは17種類のままでしたが、2013年に発売された『ポケットモンスター X・Y』でさらにフェアリーが追加されて18種類になりました。

 新シリーズでタイプが追加された際に、タイプが変化したり、追加されたりするポケモンもいました。プリンもそのひとつ。初代はノーマルタイプのみでしたが、フェアリータイプが追加されました。

●驚きの新要素3:好きな場所へ自由に冒険!次回作はオープンワールドに

 ポケモンといえば、道路を通って、街から街へと旅するものでしたよね。でもそんなスタイルも大きく変わってきています。『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』では、なんとオープンワールドになります。ストーリーに沿って順番に街を訪ねていくのではなく、プレイヤーの自由にフィールドを探索できます。

 険しい山々や、広がる森林、海や川など、大自然に生きるポケモン達がフィールド上に姿を見せます。もちろんそれは、人とポケモンが暮らす、街や、村などともつながっています。しかもその広大な大地を、海を、空を、伝説のポケモンに乗って移動するというのです。

 今も昔も、ポケモンの基本的な遊びや面白さは健在です。しかし、劇的に変わっている部分もたくさんあります。ずっと遊んでいなかった人も、久しぶりに最新作をプレイしてみると、その進化に驚かされるかもしれません。