人間になりたいホイミスライム!?

 みなさん、「ドラゴンクエスト」で好きなモンスター、お気に入りのモンスターといえば何を思い浮かべますか? たくさんの候補がありますが、そのなかにはホイミスライムが入る人もいるのではないでしょうか。

 なにしろホイミスライムと言えば、『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』のホイミンがいます。「ドラゴンクエスト」シリーズで初めて仲間になったモンスター。これまで敵として倒すだけだったモンスターが仲間になるなんて! 小学生だった自分が感じたワクワクを今でもよく覚えています。

 今回はそんな、仲間になって嬉しかった「ドラゴンクエスト」シリーズのモンスター達について語ります。

 まずは冒頭でもお話したホイミン。『ドラクエIV』の第1章で王宮戦士ライアンの仲間になるホイミスライム。子供の失踪事件を調べていたライアンが、井戸の底から繋がる洞窟で出会います。彼は「ぼく ホイミン。いまは ホイミスライムだけど にんげんになるのが ゆめなんだ」といって、仲間になりたいと願うのです。

 誘拐された子供達を助けたあと、ライアンと共に旅立ったホイミンのその後はゲーム中で詳しく語られてはいません。しかし第5章では、とある城でライアンに感謝しているホイミンという名の男性に出会います。あのホイミスライムがこんなに立派になったんだと、嬉しく思わずにはいられません。

●天空城で育てられたドラゴンの子供

 ホイミンの印象が強すぎるので、もしかしたら忘れている人もいるかもしれませんが、『ドラクエIV』ではもう1体仲間になるモンスターがいます。それがドラゴンの子供のドラン。ドランはホイミンとは違って野生のモンスターではありませんでした。

 ゲーム後半に訪れる空に浮かぶ城、天空人が住む天空城で育てられていたドラゴンです。ドランはルーシアという天空人を天空城に送ったお礼として旅に同行します。ひとり旅の戦士ライアンに回復役として仲間になったホイミンとは違い、天空城に着くのはゲーム後半で仲間もたくさんいて、ドランはNPCのため成長もしないため、人によってはあまり使わなかったかもしれません。しかしパーティーに入れると、ドラゴンらしく「ふぶき」などのブレスを使ってちゃんと役に立ってくれました。

子供時代からの思い入れから、最後までパーティーに入れる人も多いゲレゲレ。画像は「ドラゴンクエスト ソフビモンスター 047 キラ―パンサー」(スクウェア・エニックス)

感動の再会! 子供のころ生き別れたベビーパンサー

 続く『ドラゴンクエストV』では、ストーリー上とは関係なく戦ったモンスターを仲間にして育てることができるようになりました。それでもやはり、ストーリーで仲間になるベビーパンサーは特別だったように思います。

『ドラクエV』は主人公の子供時代と、大人時代に分かれて物語が進みますが、ベビーパンサーに出会うのは子供時代、村の子供にいじめられていたのを助けたことがきっかけで仲間になります。名前はいくつかの候補から選ぶ方式ですが、ここでは便宜的にゲレゲレと呼ぶことにしましょう。冒険の途中、主人公はモンスターに捕まり、ゲレゲレとは離ればなれになってしまいます。

 その後大人になった主人公がとある村で頼まれて、モンスターを討伐するべく洞窟に向かうと、キラーパンサーが襲ってきます。しかし、どこかで見たような気がします。そういえばベビーパンサーって成長するとどうなるんでしょうか。試しにビアンカのリボンを見せてみると、何かを思い出したように主人公の顔をなめてきます。それが大人になったゲレゲレとの再会でした。子供の頃いじめられていたベビーパンサーが、大人になって立派なキラーパンサーに成長しているなんて、素敵な展開に顔がほころびます。

●テリーの方がおまけだった? 兵士団を壊滅させるバトルレックス

 最後は『ドラゴンクエストVI』で仲間になるドランゴ。出会いのきっかけは、とある城の王様に、洞窟にいるモンスターを倒して欲しいと頼まれたことです。なんでも派遣した兵士団は全滅、城最強の戦士も深手を負ったといいます。

 問題の洞窟の奥に行ってみると、そこにはドラゴン型のモンスター・バトルレックス、ドランゴと、後に仲間になる剣士テリーの姿が。先に到着していたテリーは、兵士団をも全滅させたというドランゴをひとりで討伐。どちらかというとドランゴよりは、テリーの強さが印象づけられたイベントでした。

 その後しばらくすると、ドランゴはなぜか復活していて、依頼を受けた城で再び出会います。牢屋に入れられたドランゴは「私…待つ…青い…人間」と言うので、テリーを連れてくると仲間になります。仲間になったドランゴは、高いステータスに加えて、ドラゴンらしく強力なブレス攻撃を使え、復活呪文のザオリクまで覚えるということで、兵士団が壊滅したのも納得の高性能を誇ります。

 強力なドランゴを一騎打ちでねじ伏せ、結果的に仲間にしたテリーですが、ドランゴの強さと比較され、プレイヤーからテリーの方がおまけ扱いをされることもしばしば。しかし、後のスピンオフで子供時代のテリーを描いた「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズで活躍することを考えると、モンスターマスターとしての才能の片鱗が感じられたエピソードだったと言えます。

「ドラゴンクエスト」シリーズで仲間になるモンスター達、仲間になる理由やシチュエーションは様々ですが、どのモンスターも特別な存在に感じられます。「ドラゴンクエスト」シリーズは、最新作『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』の開発が発表されていますが、またモンスターが仲間になってくれるのか、期待が膨らみます。