みなさんはどんなジャンルの本をよく読みますか。全国の20〜69歳以上の高世帯年収層(世帯年収1000万円以上)男女400人と、平均世帯年収層(世帯年収500〜600万円)男女400人に調査をしたところ、高世帯年収層はビジネス書をよく読む人が、平均世帯年収層の1.6倍多いことが分かりました。また、高世帯年収層の方が外出先でも読書をする人が多いことも分かったそうです。

株式会社オトバンクが「おとなの読書習慣調査2022 」と題して2022年9月に実施した調査です。

まず、「1ヶ月の読書量(冊数)」を調査したところ、高世帯年収層と平均世帯年収層どちらも「読まない(0冊)」が最多となりました。その一方で「月に1冊以上読む」と回答した人は、高世帯年収層が63%、平均世帯年収層では50%となり、高世帯年収層の方が本を読む習慣がある人が約1.3倍も多いことが分かりました。

また、「よく読む本のジャンル」については、どちらの層も「小説」(高世帯年収層47%、平均世帯年収層48%)が最多に。明らかな差があったのが「ビジネス書」(高世帯年収層16%、平均世帯年収層10%)で、高世帯年収層の方が1.6倍も多い結果となりました。

なお、高世帯年収層は「ビジネス書」のほかに「専門書」(高世帯年収層9%、平均世帯年収層6%)や「自己啓発書」(高世帯年収層9%、平均世帯年収層6%)をよく読むという人が多く、平均世帯年収層では「漫画」(高世帯年収層15%、平均世帯年収層17%)や「雑誌」(高世帯年収層8%、平均世帯年収層14%)をよく読むという人が多い傾向がうかがえたそうです。

さらに、「読書をする場所」を聞いたところ、どちらの層も「自宅」(高世帯年収層82%、平均世帯年収層86%)が最多に。また、自宅以外の場所については「電車やバスなどの公共交通機関」(高世帯年収層41%、平均世帯年収層28%)、「オフィス」(高世帯年収層19%、平均世帯年収層13%)、「カフェ等の飲食店」(高世帯年収層16%、平均世帯年収層10%)、「車やタクシー」(高世帯年収層9%、平均世帯年収層5%)など、どれも高世帯年収層の方が多いという結果となり、高世帯年収層は移動中や休憩中など、外出中のスキマ時間も読書の時間として活用していることがうかがえたといいます。

次に、「読書するときに使う媒体」を聞いたところ、「紙の書籍」(高世帯年収層84%、平均世帯年収層88%)が最多。なお、「電子書籍」(高世帯年収層40%、平均世帯年収層32%)と「オーディオブック」(高世帯年収層12%、平均世帯年収層5%)では、高世帯年収層の方が使う人が多く、読書する場所と同様に効率よくスキマ時間を読書時間として使っていることがうかがえたといいます。

最後に、「読書サブスクリプションサービス(以下、読書サブスク)」の使用率について調査したところ、読書サブスクを「使っている」と回答した人は、高世帯年収層では40%、平均世帯年収層は25%となり、読書習慣のある人が多い高世帯年収層は、電子書籍やオーディオブック、読書サブスクを取り入れて、読書に活用している人が多いことがうかがえたそうです。