株式会社LIFULLが運営する、日本最大級の不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME'S』は、築30年超の流通物件の買取再販物件(中古マンションをリノベーションやリフォームして販売すること)における2019年1月〜2022年9月のシェア推移の調査結果をもとにした、中古マンション市場におけるトレンド分析を発表しました。その結果、買取再販物件の多い駅ランキングの1位は、上越新幹線と在来線の上越線が乗り入れている「越後湯沢(新潟県)」だったそうです。

2022年1〜9月における「買取再販物件の多い駅」を調べたところ、1位はスキーリゾートとしてマンションが爆発的に供給されたエリアで、それらのリゾートマンションが買い取られて不動産会社によって再販されているという「越後湯沢駅(新潟県)」でした。

次いで、2位「川口駅(埼玉県)」、3位「三軒茶屋駅(東京都)」、4位「恵比寿駅(東京都)」、5位「麻布十番駅(東京都)」と続きました。

調査結果について同サイトは「築年数を経たマンションについてはリフォーム・リノベーションによって“再生”させることで居住する価値ならびに価格を高める狙いがありそうです。地方移住への関心の高まりやリモートワークが浸透してきた昨今において、新たな中古マンション市場の新たな潮流となる可能性もあります」と分析しています。

次に、「築30年超の流通物件の買取再販物件の物件数」を調べたところ、2019年9月は824戸であったのに対し、2022年9月では1787戸と3年間で約2.2倍に増加。また、「買取再販物件の市場シェアの推移」でも同期間において約1.5倍に拡大していたそうです。

特に2022年が顕著で、2019年から2021年までは年間で約1〜2%ずつの増加だったものが、2022年は約4.6%の増加となっていたほか、買取再販物件の掲載社数も約2.4倍となっていたといいます。

調査結果について同サイトは「新築マンションの価格高騰により中古マンションを検討する層も増えてきました。新築マンションのクオリティを求めたいものの、リノベーションやリフォームを自ら行うのはハードルが高いため、中古マンションとしてはやや割高でもすでにリノベーション済みのマンションを求める人が増えてきたことが予想されます」と考察しています。