株式会社エイチ・アイ・エス(東京都港区、以下HIS)は、このほど「秋の海外一人旅 コロナ前後での予約動向の推移」を発表しました。その結果、一人旅の人気旅先の1位は、4年連続で「ソウル(韓国)」だったそうです。

同調査は、HISで9〜10月に海外旅行を申し込んだ人の中から一人旅の人を抽出。なお、対象商品はパッケージツアー、航空券となっています。

まず、2022年に海外旅行を申し込んだ人のうち、「一人旅」の割合は25.2%でした。一人旅の割合は、コロナ禍前の2019年では14.2%、2020年は30.8%、2021年は38.3%と急増しているといい、2022年に入って複数人での旅行者が増えたものの、依然コロナ禍前より高い数値を保っているといいます。

同社は「スマートフォンの普及により、世界中どこでも手軽に情報を得ることができるようになったことから、一人旅のハードルは下がりました」と説明。さらに、「コロナ禍以降、感染リスク対応や感染予防など、旅行者が気にかける点が更に増えたことから、気軽に参加できる一人旅への需要は高まっていると考えられます」と分析しています。

「2022年の一人旅の人気旅先」をみると、4年連続で「ソウル(韓国)」が1位でした。次いで、2位「バンコク(タイ)」、3位「マニラ(フィリピン)」、4位「釜山(韓国)」、5位「台北(台湾)」と続き、アジア圏の人気が高いことがうかがえたそうです。

また、一人旅をする人を年代別にみると、レジャーが回復しつつある2022年は、エルダー層の「50代」(20.1%)、「60代」(23.8%)の動きが活発となっているほか、「20代」(19.4%)では、女性が約68%と他の年代より女性比率が大きいのが特徴となっているそうです。

次に、「購入商品」の割合をみると、一人旅でパッケージツアーを利用する場合、宿泊ホテルで一人部屋の追加代金が必要になることから、「航空券単品」(90.6%)または航空券とホテルを個別に購入する人が多いことが判明。なお、2022年の「パッケージツアー」(9.4%)の割合は2019年(9.5%)と同程度で、商品ニーズはコロナ前に戻っていることがうかがえたといいます。

最後に、「出発月」の割合については、大きな変化はないものの、2020年11月〜2021年初旬は、感染に関わる情報が今より不明確な状況であったことや航空会社の運航が流動的であったこともあり、早期予約が難しく国内および旅先の様子をみて間際で予約する場合があったといいます。2022年は国際線の運航再開などで先の予約が立てやすい環境に戻っていることから、間際の予約に集中することはなく、2〜3カ月先の予約が主流になっているそうです。