外国人に人気の「商業施設」はどこなのでしょうか。インバウンド総合メディア『訪日ラボ』および 口コミサイト『口コミコム』を運営する株式会社mov(東京都渋谷区)がこのほど発表した「外国人に人気の商業施設ランキング」によると、「京の台所」とも称される京都府の「錦市場」が1位となりました。

調査は、2024年1月に同メディアが選出した国内の「商業施設」244カ所を対象として、Googleマップで公開されている口コミ総数2914件(うち外国語口コミ数1079件)を独自に分析・集計し、ランキング化したといいます。

その結果、「外国人に人気の城・城址ランキング」は、京野菜や魚などの生鮮食材をはじめ、京都ならではの乾物や漬物、おばんざいなどを商う老舗・専門店が集まる「錦市場(京都府)」(人気ポイント:491ポイント)が1位となりました。

同スポットには2週間で100件以上の外国語によるクチコミが寄せられており、多くの外国人観光客が訪れている様子がうかがえたほか、評価も4.2の高評価を獲得しており、「グルメ好きは行くべき」「食べ歩きが楽しい」などの声が寄せられています。

次点以降では、2位「キャナルシティ博多(福岡県)」(同450ポイント)、3位「六本木ヒルズ(東京都)」(同214ポイント)、4位「御殿場プレミアム・アウトレット(静岡県)」(同190ポイント)、5位「新世界(大阪府)」(同158ポイント)が続きました。

また、英語での口コミに限定したランキングでは、大阪府の「黒門市場」(同57ポイント)など大阪府から2施設、東京都から4施設がランクインしており、観光地としての日本の人気度が高まっていることから、これらの都市の商業施設にも注目が集まりやすい状況だそうです。