ドラマ・映画で時には主演を務め、時には主役を支える助演として作品を彩るおじさん俳優がいます。中でもイケメンなおじさん俳優には、若手にない魅力がたくさんあります。芸能人・有名人の人気度や将来性について定期調査を行っている株式会社アーキテクトが発表した「イケメンおじさん俳優の人気ランキング」によると、第1位には「反町隆史」さんが選ばれたそうです。

ランキングは2021年度のデータより、タレントパワーランキングに登録されている男性タレントの『男前な』イメージでスコアを算出。『おじさん』を40歳以上60歳未満(2022年4月時点)と定義した上で、世間が男前なイメージを持つイケメンおじさん俳優を人気順に上位12名選出し、ランキング形式でまとめたものだそうです。TOP3の結果は以下の通りです。

▽イケメンおじさん俳優の人気ランキング

【1位:反町隆史】
1973年生まれで、多くのドラマ・映画に出演している人気俳優です。特に『ビーチボーイズ』や『GTO』は話題を集めた作品で、知名度を大きく上昇させました。その後も、『ワンダフルライフ』や『グッドライフ』といったドラマ作品のほか、映画『君を忘れない』や『男たちの大和/YAMATO』に登場しています。大人気シリーズ『相棒』では、season14〜20で水谷豊さんの相棒を務めており、これまでのシリーズ内において歴代最多出演本数を更新しました。

【2位:木村拓哉】
1972年生まれで、ジャニーズ事務所所属のタレントです。アイドルグループ『SMAP』の一員として活躍。ドラマ『ロングバケーション』や『ビューティフルライフ』、『HERO』といった作品は大ヒットを記録し、社会現象まで巻き起こしました。

【3位:ディーン・フジオカ】
1980年生まれで、香港でモデルをしていました。2011年より日本でも活動を開始し、NHK連続テレビ小説『あさが来た(2015年)』でブレイクしました。2017年には映画『結婚』で主演を果たし、その後もドラマ『今からあなたを脅迫します(2017年)』や映画『海を駆ける(2018年)』といった作品で続々主演を務めています。