愛知県の佐々木さんが初めて迎えた子猫の獅子丸ちゃんはFIPという病気ですぐに天国に旅立ってしまった。次に迎える子猫は、力強くたくましい子がいいと思っていた。シェルターに行って出会った子猫は、弱っていたところを保護された子だったが、その後病気知らずの元気いっぱいの猫に成長した。

模様が刺青のような子猫

2016年の夏に2匹の子猫を迎えた佐々木さん。獅子丸ちゃんという女の子は、譲渡されたその日のうちに具合が悪くなり、シェルターに戻すと4日後にFIPで息絶えてしまった。たった1匹残された雨くん。佐々木さんは、どうしても兄弟のような猫をみつけてあげたくて、愛知県の花の木シェルターに足を運んだ。花の木シェルターでは、動物愛護センターから猫たちを引き出して譲渡しているところで、雨くんもここの出身だ。

佐々木さんは、獅子丸ちゃんをすぐに亡くしたので、力強い子がいいと思っていた。いろんな子猫がいたが、ちくわくんには生命力を感じた。身体はとても小さかったが、模様がまるで刺青のようで強そうに見えた。眼の色はグレーで、たれ目だったのが可愛かったそうだ。

息も絶え絶えだったが元気な猫に

ちくわくんはシェルターに来たばかりで、息も絶え絶えという感じだったが、やっと回復してきたところだった。ワクチンも一度しか接種しておらず、便にまみれていたという。ウイルス検査も終わっていなかったが、それでもいいなら譲渡してもいいと言われたそうだ。佐々木さんは、2日後に再びちくわくんに会いに行き、譲渡してもらうことにした。8月下旬のことだった。

ちくわくんは推定生後1カ月半。縞模様がちくわのようだったので、名前はちくわくんにした。シェルターにいた時は、体力的にシャンプーできるような状態でなかったので、まだ臭かった。その臭い身体を雨くんはずっと舐めて、グルーミングしてあげた。

ちくわくんは、食欲旺盛で、雨くんのごはんも食べてしまうような子だった。「ごはん、ごはん」とずっと鳴いていた。一度も風邪もひかず、下痢もしない元気な猫だったという。

ボス猫だけど、いじめはしない

佐々木さんいわく、

「ちくわは、誰よりも俺が偉い、ボスだと思っています。他の猫が寝る指定席を取ってしまったり、ごはんを横取りしたり、一番意地悪です。でも、うちには4匹の猫がいますが、他の猫をいじめることはありません。1匹が2階に行ったら、みんな2階に行きます。病気で寝ている猫が3階にいたら、みんな3階に行くんです」

4匹の猫を飼う佐々木さんだが、最初は猫のことがそれほど好きではなかった。

「友だちの家に行っても、マーキングでオシッコ臭くて、あまりいいイメージがなかったんです。でも主人が『そんなことないよ』と言うので飼ってみたんです。一番はじめの子は、保護猫をもらおうと決めていました」

雨くん、ちくわくんを譲渡してもらった後、ペットショップでスコティッシュフォールドの女の子のこまるちゃんを迎え、4匹目はペットショップで売れ残っていた生後5カ月のスコティッシュフォールドの男の子、ツナマヨくんを迎えた。いまではすっかり猫のとりこになっている。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)