新型コロナウイルス感染症が、特に欧州で再拡大しています。今世界で、そして日本で、何が起こっているのか、そして、私たちがなすべきことはなにか、改めて考えてみたいと思います。

■世界の状況は?

欧州での感染再拡大は、人々の緊張が大きく緩んでしまったこと、夏のバカンス(欧州では1〜2か月間の休暇を取り、各地に出かける人が大勢います)での移動や、季節労働者の移動、再開した学校での若年層の感染増加、スポーツイベントや教会の集会等でのクラスターの発生等々、複合的な要因が指摘されています。欧州の人々は、元々マスクをする習慣がなく、マスク着用に抵抗感が大きいこと等も、マイナスに働いていると思います。マスクや規制反対のデモなども、各地で行われていました。

感染再拡大を受け、フランス、ドイツ、オランダ、ギリシャ、英国、ベルギー等が、夜間の外出制限や一部地域のロックダウンなどの行動制限を強化しています。フランスや英国の友人・研究者に聞くと、市民生活は、春ほどの混乱はなく、基本的には落ち着いているようでした。なるべく学校は閉鎖しない等、前回の教訓を踏まえた合理的な判断が加えられていることは、我が国も参考にすべきと思います。(あと、日本の教育行政(公立小中高)も、万一のときは、双方向のオンライン授業を行えるなど、新型コロナにきちんと対応できるように、していただきたいです!)

欧州では、春の流行時よりは、死者・重症者数が少ないと言われています。治療方法が判明してきたこと、早い段階で医療機関にかかり重症化を防ぐことができていること、感染が若年層中心で、検査拡大で軽症者も捕捉されていることなどが考えられます。

いずれにしても、こうした状況を、遠い国のことと考えず、我が国においても、引き続き、感染拡大防止策を講じていくとともに、万一、感染が再拡大した場合にはどう対応するか、ということを、国・地域・個々の国民の方が、落ち着いて考えておくべきだと思います。

政府内では、他国との往来を緩和する方向で検討が進められていますが、感染状況が悪化している国については慎重に検討する等、世界の感染状況に応じた柔軟な対応が求められます。

■日本の状況はどうか?

重症者・死者を出さないために、症状(及び悪化の可能性)に応じて、迅速・適切に医療機関につないでいくこと、また、医療機関が逼迫しないよう、適切な病床利用を徹底することが、引き続き求められます。

なお、一時期、インフルエンザとの同時流行(ツインデミック)の可能性が話題になりましたが、現時点までの季節性インフルエンザの流行状況(2020年10月19日〜25日:全国報告数30、昨年同時期報告数:3,953)を見ると、ツインデミックについて、そこまで心配しなくてよいだろうと思います。新型コロナの感染防止対策を講じていることが、季節性インフルエンザを含めた他の多くの感染症の流行を抑えていることは、特筆すべきです。

一般に、呼吸器系ウイルスは、気温と湿度が低くなると活性化し、各地の研究でも新型コロナウイルスについて同様のことが示されています。そして、気を付けるべき点は、ウイルスの性質だけではなく、冬になると、寒くなって換気をしなくなる、喉や鼻が乾燥する、体力や免疫力が低下する、といったことだと思います。11月4日、タクシーで「マスクの着用を求め、病気など正当な理由なく拒否された場合には、乗車を断ることができる」というルールを国土交通省が認可しました。お互いを思いやることが社会に求められます。

皆様の間で「コロナ疲れ」が進んでいると思います。そうなってしまいますよね。自由を制限されている、これがいつまで続くんだろう…と悲観的に捉えるのではなく、今一度、自らと周りの方々を守る、ということの意味と方途について、お考えいただくとよいのかなと思います。

国内では、飲食や観光業界など、ようやく人出が少しずつ戻ってきています。新型コロナウイルスによって、価値観や日常の過ごし方は大きく変わりました。「いつまで?どこまでやればいいの?」と不安であり続けるよりも、「新興感染症と生きる世界とはこういうものなんだ」と思い、感染や健康状態に気を付けながら、仕事や学校や余暇を、どのように有用に効果的に過ごしていくか、社会も個人も手探りで進めている努力を、引き続き落ち着いて、継続していくことだろうと思います。

なお、脳や心疾患、がんなどの手術件数が大幅に減少したという報告があります。新型コロナ感染症のほかに、深刻な病気は多くあり、治療の遅れが重篤化につながるおそれもあります。早期に受診をしていただく、そして、病院もコロナ禍でも通常の治療や手術ができるように、医療従事者の皆様の負荷に配慮しながら、皆が協力をしていかなければならないと思います。

■ワクチンや治療薬の状況は?

いろいろな情報が錯綜していますので、現時点での事実関係を整理してみます。結論から申し上げると、新型コロナウイルス感染症に対するワクチンや特効薬は、まだ開発途上という段階です。

<ワクチン>ロシアのワクチン以外、承認されたワクチンは、まだありません。

現在臨床試験に入っているCOVID-19ワクチン候補は47種類で、そのうち、P3試験(臨床試験の最終段階)を行っているワクチンは10種類です(WHO:11月3日)。英アストラゼネカと英オックスフォード大が共同開発しているアデノウイルスベクターワクチン、米モデルナのmRNAワクチン、独ビオンテックと米ファイザーのmRNAワクチン、中国のシノバックやシノファームの不活化ワクチン、米ジョンソン・エンド・ジョンソンのウイルスベクターワクチン、米ノババックスの組換えタンパクワクチンなどがあります。

なお、ガマレヤ研究所(モスクワ)が開発したウイルスベクターワクチン「スプートニクV」は、8月にロシアで承認され、新型コロナウイルスワクチンの承認は世界初ですが、まだ臨床試験を実施している段階で、安全性や有効性に疑問の声も上がっています。

一方、重篤な有害事象(と疑われる)発生により、試験を一時中断するケースも出ています。英アストラゼネカは9月、英国で被験者1人に有害事象が出たとして、全世界で試験を一時的に中断し、米国ジョンソン・エンド・ジョンソンも10月、被験者1人に原因不明な症状が出たとして、日本でのP1試験を含むすべての試験で投与を中断したと発表しました。

なお、こうしたことは、ワクチンの開発過程において、通常想定されることであり、悲観的にも楽観的にもなるべきではありません。

<治療薬>各社が、既存薬の転用や新薬の開発を進めている状況ですが、新型コロナウイルス感染症の“特効薬”といえる薬は、未だ出ていないという状況です。

治療薬は、ウイルスの増殖を抑える「抗ウイルス薬」と、重症化によって生じる「サイトカインストーム」や「急性呼吸窮迫症候群」等を改善する抗炎症薬に分けられ、既存薬を転用する方法と、新型コロナウイルス感染症向けの新たな薬剤を開発する方法とが進められています。

米ギリアドのレムデシビルは、もともとエボラ出血熱の治療薬として開発されていたもので、2020年5月、アメリカの食品医薬品局(FDA)により、新型コロナウイルス感染症への緊急使用が認可され、それを受けて日本でも特例承認がなされました。一方、WHOは10月、レムデシビルなど4つの薬剤について、患者の入院期間や死亡率にはほとんど影響を与えなかったとする臨床試験の結果を発表しました。投与時期や患者母集団の違い等によって、結果に相違が出ているものと推測されます。日本の医療現場にお話を聞くと、レミデシビルについて、早い段階での投与で効果が出ていると思うとおっしゃる方が多いので、うまく活用していただく、そして、今後のエビデンスの蓄積が期待されるということかと思います。

日医工などのデキサメタゾンは、重症感染症や間質性肺炎などの治療薬として承認されているステロイド薬です。英国で行われた大規模臨床研究で重症患者の死亡を減少させた等と報告され、新型コロナ治療薬として承認されているわけではありませんが、厚生労働省の「診療の手引き」に、レムデシビルとともに標準的な治療法として掲載されています。

  ◇   ◇   ◇

以前から申し上げていることですが、どの感染症でも、ワクチンも特効薬も、開発はそう簡単ではありません。時間もかかり、そして、これがあればバッチリ!というものが、必ずできるとも限らないのです。

まず、お一人おひとりが、できることを、落ち着いてやり続けること。できるだけ、感染しない・させない、そして、感染した人を非難しない、過度におそれず、社会・経済を回していく…この歩みこそが、着実で、そして、求められている道ではないかと思います。

がんばってまいりましょう。

◆豊田 真由子 1974年生まれ、千葉県船橋市出身。東京大学法学部を卒業後、厚生労働省に入省。ハーバード大学大学院へ国費留学、理学修士号(公衆衛生学)を取得。 医療、介護、福祉、保育、戦没者援護等、幅広い政策立案を担当し、金融庁にも出向。2009年、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官として、新型インフルエンザパンデミックにWHOとともに対処した。衆議院議員2期、文部科学大臣政務官、オリンピック・パラリンピック大臣政務官などを務めた。