アルフォートやルマンドなどで知られる菓子メーカー「ブルボン」(本社、新潟県柏崎市)が作る不織布マスクがこのほど、一般用マスクの日本産業規格(JIS)「JIS T9001」に適合しました。素材は日本製。マスク下部にはお菓子のパッケージなどでおなじみの同社のロゴ「ブルボン BOURBON」がワンポイントで施されています。

 もともとは従業員が使用するマスクを安定確保することを目的に、2020年11月から新潟県柏崎工場で製造。今年3月からは社会貢献活動の一環として、同社オンラインショップで一般販売がスタートしました。

 厚生労働省と経済産業省が6月16日に発表したマスクのJIS規格「4つの捕集機能(微粒子状物質、バクテリアを含む飛まつ、ウイルスを含む飛まつ、花粉粒子)と圧力損失(通気性)、安全・衛生項目」をクリア。従来商品も規格を満たしており、今後の生産分からJIS適合表示を追加したパッケージに順次切り替えるそうです。

 「50枚入不織布マスク」は2箱3300円(税込、送料無料)。サイズは約17.5cm×9cmの普通サイズのみ。素材は本体がポリプロピレン、耳ひも部がポリエチレンテレフタレート、ポリウレタン、ノーズフィッターがポリエチレン。ブルボンオンラインショップで販売中。