夏のボーナスが支給される時期になってきました。ボーナスのお金は、みなさん何に使う予定でしょうか。全国の18歳以上の男女に聞いたところ、「貯金」がダントツでトップになりました。ちなみに貯金にあてる予定平均金額は、「21万8247円」で、昨年から6万円近く減少したそうです。

株式会社ネストエッグが運営する自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」が、2022年5月に18歳以上の自社アプリユーザーを対象に「夏のボーナスに関する調査」として実施した調査で、Z世代270人、ミレニアル世代917人、氷河期世代810人、バブル世代以上498人の計2495人から回答を得ました。

5月20日〜23日時点で、「ボーナスが支給される」と回答した人は53.8%でした。また、ボーナス支給予定者の想定金額は、「20〜40万円未満」と回答した人が32.6%で最多に。次いで、「20万円未満」(25.8%)、「40万円以上〜60万円未満」(18.8%)と続きました。

次に、「夏季ボーナスの使用目的」については、「貯金・預金」が71.6%で最多だったものの、昨年の74.0%から2.4pt減少となりました。次いで、「生活費の補填」も昨年の31.3%から26.2%と5.1ptの減少となったそうです。

また、「消費を伴う使用目的」では「旅行」が昨年の11.3%から19.3%と約2倍の増加、さらに「外食」(12.0%→13.1%)、「クルマ」(5.0%→5.6%)も増加しており、外出関連目的が増加したそうです。

一方、「ファッション」(14.8%→11.9%)、「家電」(9.7%→5.4%)、「食品」(5.3%→3.4%)、「ガジェット」(3.5%→2.9%)は減少となりました。

夏季ボーナスの使用目的を世代別で見ると、「Z世代」では、全体平均より「貯金」「ファッション」「旅行」「推し活」「外食」が高く、貯金をしながらも「今」を楽しむための消費意向が高くなったといいます。また、「ミレニアル世代」では「投資」が平均より高く、「氷河期世代」「バブル世代以上」では、「貯金・預金」が平均より下がり、「生活費の補填」「ローン・借り入れの返済」が平均よりも高い結果となったそうです。

続いて、「貯金にあてる予定平均金額」については「21万8247円」で、昨年の27万6778円から減少しました。また、「貯金にあてる比率の変化」では「減らす予定」と回答した人は昨年の9.8%から11.1%とやや増加。「増やす予定」は昨年の26.8%から26.6%に、「変わらない予定」は昨年の63.4%から62.2%と、いずれもやや減少したそうです。

また、「貯金の比率を増やす予定」と回答した人にその理由を聞いたところ、TOP3は「生活防衛のため」(43.0%)、「老後資金のため」(30.1%)、「家族のため(教育費など)」(26.6%)となりました。

一方、「貯金の比率を減らす予定」の理由については、「生活費の補填のため」(51.4%)、「ローン返済のため」(29.0%)、「買い物のため(自分のほしいもの)」(18.7%)といった回答が上位に並びました。

最後に、夏季ボーナスの使用目的で「旅行」を選んだ人にその行き先を聞いたところ、「国内旅行」が99.6%と圧倒的に多く、「海外旅行」は2.3%に留まったといいます。

また、国内旅行では、2泊3日で「北海道」「沖縄」、次いで1泊2日で「東京ディズニーリゾート」「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」などのテーマパーク、温泉旅行の予定が多かったそうです。