卵の黄身を具にして作ったたこ焼がSNS上で静かな注目を集めている。

「ふと…卵の黄身だけを入れたらどうなるのか?試し焼きしてみる 黄身はどうなると思いますか?」とこのたこ焼きを披露したのは大阪市東淀川区の人気たこ焼店「たこ焼たこば」の公式アカウント(@takoyakitakoba)。

たこ焼の生地に卵を入れることはよく知られているが、まさか黄身自体を具にしてしまうとは…美味しそう!たこ焼たこばの大胆なアイデアに、SNSユーザー達からは

「高タンパクなたこ焼きでめっちゃ美味しいやーつー消化吸収も良くスーパーフードですね」
「割らずに焼くのが至難の技」
「これは家では出来ないですね 美味しそう」

など数々の驚きと称賛の声が寄せられている。

投稿者に聞いた

たこ焼たこばの店主にお話を聞いた。

ーー黄身をたこ焼きに入れてみようと思われたきっかけをお聞かせください。

店主:敬老の日用のたこ焼きを考えていました。高齢者でも食べられるやわらかい具を入れた、たこ焼きを考えていたところ、アイデアが浮かびました。

ーー黄身の食感はいかがだったでしょうか?

半熟卵のようになっていました。ちなみに蛸は入っておりません。

ーー今後、「半熟卵たこ焼き」を実際に販売される予定などはあるのでしょうか?

店主:本来なら敬老の日に発売する予定でしたが、台風と重なったためやめました。また何かの機会には発売したいですね。

   ◇   ◇

たこ焼たこばでは積極的に新メニューの開発に取り組んでおり、「岩下の新生姜たこ焼き」など魅力的な創作たこ焼を楽しむことができる。ご興味ある方はぜひ足を運んでいただきたい。

【たこ焼たこ場 店舗概要】
所在地:大阪府大阪市東淀川区大隅1-1-19
定休日:金曜日(詳細はTwitterアカウントを要確認)

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)