大阪難波駅と近鉄奈良駅を結ぶ近鉄奈良線で見られる絶景をご存じだろうか。それは生駒山の中腹から見られる大阪平野の眺望だ。

なにものにも遮られることなく一望できる大阪の街並みと大阪湾の圧巻の風景…Twitter上でも数々の写真が投稿されているが、特にソラシドさん(@yunyeungcha)が

「近鉄奈良線、噂には聞いてたけど優れすぎているにも程があるやろ……アニメの世界だった」

と投稿した写真は14万5千いいねの大反響。

「石切から山を下るところ。山の中腹で景色いいですね。平地からいきなり山という地形が成せる車窓ですね。」
「ノスタルジーが凄すぎて心がぎゅってなった人私だけじゃ無いはず・・・。」
「懐かしい…高校の通学路線で毎日見ていました 夕方は本当に幻想的です。鶴橋に出るまでの間のいくつもの駅名、あの頃は全部順番も覚えていたのに思い出せなくなっていてちょっぴり切ない」
「この景色は妻と付き合っていた時に何度も見た。本当に綺麗だった。春は反対の車窓に生駒山の桜が一面に広がって、美しかった。できれば、子供達がみな成人して手がかからなくなってから、もう一度妻と一緒に見てみたかったな。」

など数々のコメントが寄せられている。

この写真はソラシドさんが瓢箪山駅と石切駅の間で撮影したものだということ。ソラシドさんは

「生駒の山に向かってグングン標高を上げていくのですが、左窓にずっと大阪のビル群が見えて飛行機の離陸みたいでした」

と撮影当時の思いを語っている。

なにを隠そう、筆者も中学校から大学の約10年間、この近鉄奈良線を使い通学していた。当時はこの風景も見慣れすぎてなんとも思っていなかったが、あらためて見てみるとなんとも美しい。近々に近鉄奈良線に乗って奈良に帰りたくなった。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)