大阪・京橋のカフェ&レストラン「TERRE-á-S【テラス】」は、ラジオ関西の番組『Clip』(月−木、午後2時30分〜)とのコラボレーション企画を、11月19日から期間限定で実施する。シンガーソングライターの近藤夏子やお笑いコンビのからし蓮根らが推薦した「牛乳を使ったスペシャルメニュー」を店舗で販売する。

「TERRE-á-S【テラス】」は、大阪・JR京橋駅から徒歩5分、東野田公園の目の前に位置するカフェ&レストラン。吹き抜けになっており開放感のある店内が特徴で、ステーキやピザなど幅広いメニューを提供する人気店だ。また、その名のとおり、バーベキューが楽しめるテラス席も用意されている。

 同店がこのほどコラボするのが神戸の放送局・ラジオ関西のワイド番組『Clip』。月曜パーソナリティーのシンガーソングライター・近藤夏子と春名優輝アナウンサー、水曜パーソナリティーのお笑いコンビ・からし蓮根が番組内で候補となる「牛乳を使ったスペシャルメニュー」の案から2品を推薦。実際に店舗で提供する。

 スペシャルメニューの候補は、「生ハムとリコッタチーズのサラダ」、「りんごとリコッタチーズ〜ハチミツをかけて〜」、「カッサータ」、「ポルペッティ〜ホワイトソース」、「ベーコンと季節野菜とリコッタチーズのトマトスパゲティ」の5品。メニューが決定され次第、『Clip』番組内やラジオ関西のホームページで発表される。

 今回のコラボについて「TERRE-á-S」店長の高田さんは、「メニュー開発を通して牛乳の可能性を感じた。牛乳が苦手な子どもにも食べてもらえたらうれしい」と話した。

 企画の経緯となったのは、「牛の飼料価格の高騰」。牛の飼料となる穀物の多くは輸入に頼っているが、円安の進行により価格が急激に高騰。また、コロナ禍で牛乳や乳製品の消費量が減少、さらにこれから消費量が少なくなる季節も迎え、酪農家はかつてない苦境に立たされる見込みとなっている。そこで、牛乳を使ったメニューを提供することで、牛乳消費を促したいと考えたのだという。

 スペシャルメニューは、11月19日(土)から12月9日(金)の期間限定で販売される。