ペットメディアの編集長が、たまたま通りかかった駐車場に4匹の野良猫の子猫がいて、「かわいい」と人だかりができていた。急遽2匹の子猫を保護して、翌日会社に連れて行くと、南雲さんという社員が、昔飼っていた猫にそっくりだという。2匹の子猫は、南雲さんが飼うことになった。

駐車場にいた子猫たち

 東京都に住む南雲さんは、音ちゃんと詠(うた)ちゃんという2匹の元保護猫を飼っている。

  2019年6月、南雲さんが勤めるペットメディアの編集長が、仕事帰りに品川区の戸越銀座にある駐車場のそばを通りかかると、何やら人だかりができていた。見てみると、4匹の子猫がいた。子猫だけでお母さん猫の姿は見当たらなかった。

 「このまま子猫たちだけで生きていくのは難しい」と思った編集長は、子猫を保護しようか、そのままやり過ごそうか迷った。実は、保護団体を通じて猫の預かりボランティアをすることになっていて、他の猫を受け入れる余裕がなかったのだ。

 ひとまず保護団体の代表に連絡して事情を説明した。「頼んでいた一時預かりの件は見送ってもいい。子猫を保護してください」と言われ、編集長は意を決した。今を逃したら、猫はどこかに行ってしまうかもしれない。保護するなら今しかない。

 とはいえ、野良猫の保護をするのは初めてのことで、捕獲機も持っていない。仕方ないので、宇宙船型のキャリーにキャットフードを入れて、猫が入ったらふたをする作戦に出た。

 子猫は、すんなりキャリーに入ってくれた。2匹のキジシロの猫を保護して、それ以上保護するのは無理だと思い、その場を後にしたという。家に連れて帰ると、2匹はぴったりくっついて物陰に隠れていた。

昔飼っていた猫にそっくりの子猫

 翌日、保護猫に詳しい動物病院に連れていくと生後約2カ月だった。特に健康上の問題がないことを確認。職場に社員が猫を連れていける猫部屋があったので、2匹を連れて出勤した。

 可愛い顔はしているが、2匹とも野良猫だったので警戒心が強く、キャリーに入れる時に手を噛んできたし、猫部屋でも脱走防止用のフェンスをかいくぐり、あちらこちらに逃げたり隠れたりした。

 子猫を見た南雲さんは、はっと息を飲んだ。後に音ちゃんと名付けた猫が、南雲さんが以前飼っていたタロという猫に瓜二つだったのだ。

 「タロは20年近くの月日を共に過ごした大切な相棒だったんです。音があまりにもタロによく似ていたので、胸騒ぎがしたのを今でもよく覚えています」

 音ちゃんは、もう1匹の子猫よりだいぶ小さかった。

 「詠はきれいな顔立ちと毛色をしていて、音を守ろうとしているようでした」

 はやる気持ちを抑えつつ、元保護犬を飼っている南雲さんは、冷静に2匹を迎えるかどうか家族と話し合った。家族全員、「迎えるなら2匹とも」と意見が一致したので、里親になると決めてからは話がスムーズに進んだ。

シャーっと威嚇されても可愛い

 編集長が保護してから2週間後、南雲さんは音ちゃんと詠ちゃんを家族として迎えた。編集長の家で環境に慣れてから譲渡してもらう方法もあったが、何度も環境が変わるのは負担になるだろうと考え、南雲さんが飼うことになった。

 詠ちゃんは、警戒心むき出しで、南雲さんが近くを通ったり、目が合ったりするだけでシャーっと威嚇してきた。時には、猫パンチが飛んでくることもあった。

 「最初対面した時に、『詠が音を守ろうとしているみたい』だという印象を持ちましたが、あながち間違いではなく、私がケージの外から音に話しかけるだけで、音の前に割って入ってきて、猫パンチをしてきました」

 ところが、渾身の猫パンチは、ケージの中から繰り出されるので、南雲さんに当たることはない。

 音ちゃんは、とても怖がりだが、警戒心と同じくらい好奇心が強い。詠より人になれるのも早く、少しだがなでさせてくれる。獣医さんが、「同じ日に生まれたとは思えない」というくらい詠ちゃんに比べて身体が小さい。ごはんも一度に食べられず、ちょこちょこ食べているという。

 詠ちゃんは、シャーっと威嚇しつつも、南雲さんの指にチュールをつけてあげると、おいしそうに食べる。食べると、またシャーっと言いながら下がっていく。

 「その姿がなんとも滑稽で、めちゃくちゃ可愛いんです」

 音ちゃんは、最近、詠ちゃんの真似をしてシャーっと言うことがあるが、「シャー」の意味が分からないまま詠ちゃんの真似をしているようで、それもまた可愛いのだという。

 駐車場に残った2匹の子猫は、後日編集長が保護して、1匹ずつ里親が決まった。

 「人になれて落ち着いたら、みんなで再会できるといいねと言っているんです」

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)