6匹の猫の多頭飼いをしていた石井さん夫妻は、ウォーキング中に見つけた子猫を保護した。1日前にも子猫を保護したのだが、2匹は姉妹のように育った。猫の数が増えても安心して飼えたのは、猫が縁でつながった人のサポートがあったからだという。

ウォーキング中に出会った子猫

2016年6月の朝、千葉県に住む石井さん夫妻は、近所でウォーキングを楽しんでいた。川の近くの雑草がぼうぼうに生えている場所にさしかかると、どこかから猫の声がした。6匹の猫を保護して飼っていた石井さんは、猫のこととなると放っておけない。すぐに草むらに分け入って、土手を転びそうになりながら、草と泥にまみれて猫を探した。こそこそと猫が動いたので、草が動き、すぐに見つけることができた。子猫が1匹だけいたので、抱っこして捕まえた。

ウォーキングを中止して、かかりつけの動物病院に連れて行くと、生後2カ月くらいだった。特に健康上の問題はなかった。

まるで姉妹のように仲良く

子猫は知らない家に来ても怖がることもなく、隠れることもなかったので、誰かが飼っていたのかもしれない。

石井さんは、猫にちなんだ名前をつけているので、子猫を「やなぎ」と命名した。

じつは、石井さんは、やなぎちゃんを保護する1日前にねずみちゃんというキジトラの子猫を保護した。やなぎちゃんも同じ色のキジトラだが、長毛種だった。月齢の違わない2匹は、あっという間に仲良くなり、対面して数時間後には一緒に寝ていた。

「本当の姉妹だったら、こんなふうに仲良く過ごすのかと思いました」

やなぎちゃんは1匹でいることも好きだが、ねずみちゃんとは仲が良い。

猫と暮らせる家

やなぎちゃんは、キッチンにいるのが好きで、料理をしているとキッチンカウンターで見つめていることが多い。お皿をふいていると、なでてくれと石井さんの手を自分の手で引っ張る。

猫の多頭飼いをしている石井さんだが、特に不安に思うことはなかったという。

「最初はアパートに住んでいたのですが、同じ家賃で構わないからと戸建ての家を貸してくれる人が現れたんです。猫の保護をしていたら地域のエサやりボランティアさんと知り合ったのですが、その人が雑貨店をしていたんです。雑貨店のお客さんが猫好きで、地域猫や近所の猫の面倒をみてくれる人に家を貸したいと借主を探していて、私たちが貸してもらうことになったんです。私たち夫婦だけで猫を保護できたわけではなく、周りの人のサポートもあったから保護できました」

猫を飼っていると賃貸住宅を探すのが大変だが、石井さん夫妻は人に恵まれた。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)