塩にしょうゆ、みそ、カレー味…。今秋開業5周年を迎える岡山市北区表町のラーメン店「麺屋楽長。」が一度に10種類のラーメンを味わえる“フルコース”を始めた。

 各種類の麺の量は通常(120グラム)の8分の1。あっさりとした和風スープと麺のみのシンプルな「澄ましラーメン」から始まり、塩だれと鶏ガラスープを合わせた一番人気の「楽長ラーメン」、冬季限定のみそ、昨夏好評だった「とんこつカレーラーメン」などと続き、最後は夏の定番「冷やしラーメン」で締めくくる。

 同店は具材を全て手作りする。客の好みに応えようと多様なたれとスープの組み合わせを用意し、季節限定メニューもある。店主の中村精秀さん(42)が節目を前に「集大成となるコース料理を作りたい」と企画した。

 毎週木曜の夜(午後6〜8時)限定。1日1組の貸し切りにするため、1人前6千円とやや高めだが、麺の倍増には無料で応じ、2人で分けて食べてもよい。前日の午後9時までに予約する。

(まいどなニュース/山陽新聞)