小春ちゃんは、春の夜、民家のガラス窓にドンッとぶつかってニャーと鳴いた。住人の森田さんが慌てて見に行くと、その猫は先代の猫にそっくりだった。既に多頭飼いしていた森田さんは迷ったが、その猫を譲渡した。

■窓にドンとぶつかってきた猫

2019年4月の夜、新潟県に住む森田さんは、長女と一緒にリビングでくつろいでいた。突然、窓をドンと叩くような音が聞こえ、ニャーという猫の鳴き声が同時に聞こえた。「あっ!猫だ!どこの猫だろう」と、外に様子を見に行くと、どこにも猫の姿はなかった。

「驚いて逃げたのかと思い、家の中に戻ろうとしたら、玄関に猫がいて驚きました。私と入れ違いに入ったようです」

■まるで先代の猫のよう

猫は三毛猫だった。森田さんが飼った最初の猫も三毛猫だった。頭の柄の入り方がそっくりだった。森田さんは、思わず「ああ、三毛ちゃんだね、三毛ちゃんだね」と喜んだという。猫はとても人なつっこくて、逃げるどころかお腹を見せてくつろいでいた。

「こんなに懐いているのは野良猫じゃなくて、飼い猫ではないかと思いました」

たまたま長女が里帰り出産のため帰ってきていたので、ノミがたくさんついいる猫をすぐに家の中に入れるわけにはいかず、猫は玄関の外で寝かせた。囲いがしてあるので、どこかに行ってしまう心配はなかった。

■譲渡先から返される

翌日、森田さんは、保護センターに電話して、誰か猫を探している人はいないか問い合わせた。近所に何軒か猫を飼っている家があったので脱走していないか聞いてみたが、そうした猫はいなかった。少なくともこのあたりの猫ではないようだった。

動物病院に連れて行き、ノミの駆除やお腹の虫の駆虫、猫エイズと白血病の検査をした。虫がいなくなってから家の中に入れたそうだ。

森田さんは、どうしようか迷ったが、小春ちゃんの里親を譲渡サイトで探した。一度、里親が決まり、トライアルが始まったが、先住猫と合わないと言って返された。

ずっと長女が小春ちゃんの世話をしていたので、すっかり情がうつっていた。「お産が終わって、落ち着いたら私が飼いたい」と言うので、それまで森田さんが預かることにした。名前は小春ちゃんにした。

「いつ長女の家に行けるかなと思っていたら、娘がまた妊娠したのです。さすがに幼い子ども2人と猫の面倒をみるのは無理だということになり、そのまま我が家にいることになりました」

小春ちゃんは良くも悪くもまっすぐな猫だという。追いかけっこをしている時、他の猫はものをよけて走るが、小春ちゃんはすべてなぎ倒していく。夜中の大運動会が始まると、森田さんの上を毎晩のように走っていくそうだ。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)