「左部」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩氏が日本人の難読名字を紹介します。

   ◇   ◇

群馬県北部ににみられる名字。普通に読むと「さぶ」「さべ」としか読めないが、これで「さとり」と読む難読名字である。

この読み方は「服部」に由来している。「服部」もよく考えると難読だが、有名なため誰でも「はっとり」と読むことができる。「服部」はあくまで「服」と「部」を合わせて「はっとり」と読むのだが、「服部」で「はっとり」なら「部」の部分だけみれば「とり」に違いないと考える人がすくなからずいたらしい。そこから「左部」と書いて「さとり」と読む。

群馬県には「さとり」という名字が多い。最も多いのは「佐鳥」で、前橋市を中心に広がっている。前橋市には今でも「上佐鳥町」「下佐鳥町」という地名があり、ここがルーツだろう。因みに、地名は現在は「さどり」と濁るのが正しい。

ここで生まれた「佐鳥」一族から分家した人達が、移り住んだ先で漢字を変えたらしく、県東部の桐生市から栃木県足利市付近にかけてでは「佐取」と書き、県北の沼田市付近では「左部」と書く。

◆森岡 浩 姓氏研究家。1961年高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。学生時代から独学で名字を研究、文献だけにとらわれず、地名学、民俗学などを幅広く取り入れながら、実証的な研究を続ける。NHK「日本人のおなまえっ!」にコメンテーターとして出演中。著書は「47都道府県名字百科」「全国名字大事典」「日本名門名家大事典」など多数。