「先生」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩氏が日本人の難読名字を紹介します。

   ◇   ◇

「せんせい」としか読みようがないように思えるが、それでは難読ではない。これで、「せんじょう」と読む難読名字だ。

今では、「先生」は「せんせい」と読んで基本的には学校や塾などの教師のことを指す。また弁護士などの士業の方も「先生」と呼ばれることが多い。そのため新しそうな言葉に聞こえるが、「日本書紀」に「自ら周孔の教を南淵先生の所に学ぶ」と出てくるように、かなり古くからある言葉で、かつては「せんじょう」と読んだ。

また、東宮に仕えた舎人(とねり)のうち、武器を帯びて身辺の警護をした官人を帯刀(たちはき)といい、その長官を「先生(せんじょう)」といった。源平合戦で源義経に先駆けて京を制した木曽義仲の父の源義賢は、近衛天皇の東宮に仕えて「帯刀先生義賢(たてわきせんじょうよしかた)」と呼ばれていた。

「先生」という名字はこのどちらかに由来するものだろう。現在は静岡県の静岡市や牧之原市にみられる。

◆森岡 浩 姓氏研究家。1961年高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。学生時代から独学で名字を研究、文献だけにとらわれず、地名学、民俗学などを幅広く取り入れながら、実証的な研究を続ける。NHK「日本人のおなまえっ!」にコメンテーターとして出演中。著書は「47都道府県名字百科」「全国名字大事典」「日本名門名家大事典」など多数。