ちゅ〜るを大きな舌でペロペロと舐めるトラ。猫ちゃんが大好きなおやつの代表として“君臨”する「チャオ(CIAO)ちゅ〜る」に夢中になっている。かつて大型ネコ科動物がちゅ〜るを舐めているシーンを見たことがあるだろうか。動画に映し出された光景に、トラも「やっぱりネコなんだ」とSNS上で話題になっている。

Twitterに動画を投稿したのは那須サファリパーク公式(栃木県)で、来場者からもらったちゅ〜るを最初はうまく舐められなかったものの、その後、猫ちゃんと同じようにペロペロと舐めることに成功した。22日に成功と失敗の2本の動画をアップしている。「お客様からのプレゼントのチュールを上手に食べられたボルタです。メリークリスマス!よかったねボルタ!」。同サファリパークでは来場者からの差し入れに対し、食べても問題ないものを動物に与えているそう。この日、トラのボルタくんの元にクリスマスプレゼントとして、ちゅ〜るセットが届いた。

これにはTwitterユーザーも「普通にネコや、可愛い」「ボルタ君ちゅ〜るちゅ〜る♪食べるの上手だね。しかし舌が大きいねぇ♪トラも夢中になるおやつだね」「チュールってすごいなぁ、トラまで虜にしちゃうんですねぇ」と大盛り上がり。

ボルタくんはオスの9歳。2018年5月25日に系列園の岩手サファリパークより来園した。ちゅ〜るをまるで猫のように舐めたボルタくんの普段の様子を那須サファリパーク、飼育部飼育課肉食動物班の佐藤美波さんに話を聞いた。

――ボルタくんは普段、馬肉や鶏肉を食べているとのことですが、1日何キロ食べていますか?

「だいたい1日8キロ前後のお肉を与えております」

――ちゅ〜るを舐めたのは初めてですか?

「チュールに関しては栄養価等の問題もあり、獣医師の指導のもと、おやつとして少量あげております」

――ボルタくんはどんな性格ですか?

「とてもおだやかな性格で『草食系男子』ならぬ『草食系肉食獣』などと呼ばれてます」

ところで動画のなかで、ボルタくんがおいしそうに舐めていたちゅ〜るは何味なのか?「鶏ささみ&黒毛和牛味だと思います」。そう答えたのは、ちゅ〜るの製造元である「いなばペットフード株式会社」(本社・静岡県)広報の今井さんで、ボルタくんの動画を見てもらった。

トラが自社商品をおいしそうに舐める映像を見て「びっくりしました。(大型ネコ科動物が舐めている話は)聞いたことがないですね」と驚いていた。2012年に猫用のおやつとしてチャオちゅ〜るが初めて登場。いまや味の種類は100種類を超える。ちなみに今井さんによると、猫に一番人気は「まぐろ味」だそうだ。1スティック14gのちゅ〜る、それをいただくときは猫にとって至福の時間だが、登場から8年、ついにトラの舌まで虜にしてしまった…。

(まいどなニュース・佐藤 利幸)