「我が家のネッコの座り方おかしない?」

まるでお相撲さんが「はっけよーい」をするかのような座り方をする猫ちゃんがSNS上で大きな注目を集めている。
件の猫ちゃんの画像を紹介したのは飼い主のシワスさん(@siwasiwaaaaa)。

SNSユーザー達からは「リサ・ラーソンの置物に見えました」「うちの子も何かそんな座り方してて親近感わきました(笑)」「やはり猫あるあるなんですね(笑)初め見た時は困惑しました...」など数々のコメントが寄せられているが、この猫ちゃんはなぜこんな座り方をするようになったのだろうか。シワスさんにお話をうかがってみた。

中将タカノリ(以下「中将」):猫ちゃんのプロフィールをお聞かせください。

シワス:名前はジル。9ヶ月の男の子です。元野良猫で4ヶ月の時に我が家にやってきました。普段はよく寝ており、たまに急にスイッチが入って走り回ったりしてます。

中将:ジル君はいつからこの座りかたを始めたのでしょうか?

シワス:初めて気づいたのは昨年の9月頃です。普通に座ることも出来ますが、座り直してあのようになっています。毛繕いしてる最中とかではありません。

中将:ジル君にとってはあの座り方が落ち着くんでしょうか…「うちの猫も同じ座り方をする」というコメントも多数寄せられていましたが、反響へのご感想をお聞かせください。

シワス:他にも同じ座り方をする猫が多くいるのを知り、少し安心しました。また、「ジルの可愛さがとうとう日本中に知れ渡ってしまったな」という気持ちです。

◇ ◇

ジル君がなぜこのような座り方をするようになったのかはわからなかったが、ともあれジル君は多少やんちゃな所はあるものの普段は実にハンサムな猫だということ。

シワスさんのTwitterアカウントに時おり登場するので、今後のジル君にご興味のある方はぜひチェックしていただきたい。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)