「波々伯部」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩氏が日本人の難読名字を紹介します。

   ◇   ◇

漢字4文字の名字は珍しく、かつ難読。知らない限りは読むことができないだろう。これで、「ほうかべ」と読む。今人気のタレントの山之内すずさんのお母さんの旧姓ということで話題になったので、それで読めるようになった人も多いかもしれない。

もともとの由来は、古代の亀甲占いで使用する「ハハカ」(ウワズミザクラ)という木。「部」は古代の職種のことで、「ハハカ」を管理する人達が「ははかべ」である。この「ははかべ」に1音ずつ漢字をあてて、「波々伯部」と書いたのがそもその始まり。この「ははかべ」が次第に「ほうかべ」に変化したものだ。

「ははかべ」は地名にもなり、兵庫県丹波篠山市には、丹波国多紀郡波々伯部保という地名もあった。鎌倉初期の承久年間から代々同地を支配したのも地名に因む波々伯部氏で、戦国時代に細川氏に従い、江戸時代嫡流は熊本藩士となっている。丹波篠山市には「丹波の祇園さん」とも呼ばれる波々伯部神社もある。

◆森岡 浩 姓氏研究家。1961年高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。学生時代から独学で名字を研究、文献だけにとらわれず、地名学、民俗学などを幅広く取り入れながら、実証的な研究を続ける。NHK「日本人のおなまえっ!」にコメンテーターとして出演中。著書は「47都道府県名字百科」「全国名字大事典」「日本名門名家大事典」など多数。