「後原」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩氏が日本人の難読名字を紹介します。

   ◇   ◇

「後」のつく名字は読み方のバリエーションが多い。あとに続く漢字によって、「あと」「うしろ」「ご」「のち」など色々な読み方をするが、広島県に多い「後原」の読み方は独特で「せどはら」と読む。甲子園に出場した瀬戸内高のプロ出身の後原富(せどはら・ひさし)監督で見たことがある人も多いだろう。

「背中」という言葉でもわかるように、体の後ろ側のことを「せ」といった。漢字では「背」という漢字をあてることが多い。ここから家の裏口のことを「せど=背戸」といい、さらに家の裏手のことも「せど」というようになった。

つまり、「せどはら」とは、家の背後に広がる原という意味だ。そして、名字では「後ろ側」という意味から「せど」に「後」という漢字をあてたために難読となった。現在は広島県海田町付近に集中している。

同じような由来の名字としては、呉市に集中している「後久保」(せどくぼ)という名字もある。

◆森岡 浩 姓氏研究家。1961年高知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。学生時代から独学で名字を研究、文献だけにとらわれず、地名学、民俗学などを幅広く取り入れながら、実証的な研究を続ける。NHK「日本人のおなまえっ!」にコメンテーターとして出演中。著書は「47都道府県名字百科」「全国名字大事典」「日本名門名家大事典」など多数。