人手不足のためセブン₋イレブン・富士見鶴馬西店(埼玉県富士見市)が張り出した悲壮感あふれる手作りの求人ポップがSNS上で大きな注目を集めている。

きっかけになったのはじぇいそんさん( @doriru_x)の「近所のセブンイレブンの追い込まれ具合が限界ユニークな事に。」という投稿。

確かに写真に映った求人ポップを見ると、ただごとではなさそうだ。

「ど急募!週5、22日連勤するとマックのチーズバーガー452個買える!!!」

「ナナコの神様、人手が足りません。ナナコ様のもとで働きたい方募集中です。」

そして極めつけは、シフトの実情を赤裸々につづっている文言だ。

「現在当店は男性スタッフ2人(中国籍、メガネ野郎)でまわしています。
中国籍のスタッフが就職のため退職が決まっています。
するとメガネ野郎が1人で……週7……………(泣)
という事になってしまいます。
当店に興味のある方、ぜひ助けてください
メガネ野郎より」

なんだか見る者まで辛く悲しい気分になってくるその絶妙な仕上がりに、SNSユーザー達からは「がんばれメガネ野郎」「メガネ野郎大丈夫かな?」「近場だったら応募したかったなw」など数々の励ましのコメントが寄せられている。

じぇいそんさんにお話をうかがってみた。

中将タカノリ(以下「中将」):セブン₋イレブン・富士見鶴馬西店はどのような店舗なのでしょうか?

じぇいそん:余りコンビニを使わないので店舗自体への印象は薄いのですが、店内は一般的なセブンイレブンと比較してかなり広いので、店員さんの作業は大変そうだなぁとは思っていました。

中将:広い店舗を2人で回していくだけでも大変なのに、1人になるともうどうしようもないでしょうね…コメントも多数寄せられていますが、SNSの反響へのご感想をお聞かせください。

じぇいそん:偶々見かけた面白いポップを共有しようと投稿してみたら、意外にも伸びてきて面白いなと思いましたね(笑)。ただ、ポップを描かれた方のアイディアを拝借しただけなので、伸びたこと自体の嬉しさって言うのはなかったです。

 ◇ ◇

セブン₋イレブン・富士見鶴馬西店の関係者の方にもお話をうかがおうと打診してみたが、おそらく"メガネ野郎"だと思われるオーナーに「本部の手前で回答が難しいです…」とあえなく断られてしまった。そして、その声には明らかに張りがなかった。シフトがキツすぎて取材どころではないのかもしれないが…がんばれメガネ野郎!

この記事が同店の人材難の解決に少しでも寄与することを願いたい。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)