「おばあさんが子猫を保護したが、どうしたらいいのか分からないと言っている」という相談を受けた猫ボランティア。「子猫1匹なら」と思い、話を聞くためにおばあさんの家を訪れた。ところが、そこには親子猫と他にも数匹の猫がいた。

いつの間にか多頭飼育に

大阪府に住む猫ボランティアは、知り合いから「お婆さんが庭で子猫を保護したんだけど、どうしたらいいのか分からず困っている」という相談を受けた。通常、ボランティアも自分が捕獲したり、保健所から引き出したりした猫しか受け入れる余裕がない。しかし、まずは話を聞きに行った。

 おばあさんのところには保護した子猫以外にも数匹の猫がいた。

「野良猫に庭でごはんをあげていたそうです。子猫の母猫と父猫以外にも、数匹の猫がいました。最初は野良猫がかわいそうだと思ったようですが、不妊手術をしなかったので猫が増えてしまったんです」

たぬきのような子猫は先代の猫に瓜ふたつ

子猫は全部で3匹いて、生後2カ月くらいだった。いまは使用していない物置小屋で、親子で暮らしていた。隙間から出入りしているようだった。ボランティアは捕獲機を設置、おばあさんの協力も得て全頭保護できた。

大阪府に住むNさんは、猫の不妊手術を専門にしている動物病院「ねことわたしスペイクリニックKOBE」のスタッフで、ボランティア活動をしている。おばあさんのところにいた親子猫が不妊手術や検査をするために連れてこられた。大人猫はみんなTNRしたという。

ボランティアが猫たちを連れて帰る前に、猫の状態を確認していたNさん。ふと見ると、子猫の中にふわふわの毛をした黒猫がいた。「前にうちにいた猫にそっくりで、瓜ふたつの子だったんです。里親が決まるまでうちで預かりたいと思いました」

預かるだけのつもりが里親に

Nさんは黒猫を預かった。

「最初は預かるだけのつもりだったのですが、前にいた猫が生まれ変わってうちに戻ってきたのではないかと思うほど似ていました。毎日一緒に暮らしていたら情が移って、このままずっと一緒にいたいと思うようになったんです」

名前は、以前飼っていた猫と同じ名前の「たぬぴーくん」にした。たぬぴーくんの兄弟も無事里親が見つかったという。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)