飼い主さんがふとキッチンをみると、レンジフードの上にしれっと鎮座していた黒猫の「こねろく」ちゃん。神々しいほど美しいその姿は、まるでキッチンに降臨した猫神さま! 最初からそこに設置されていたオブジェのごとく、スタイリッシュなキッチンにしっくり馴染んだ黒いシルエットに見惚れる人が続出しています。

「キッチンの神様みたい」
「なんかおしゃれ〜」
「登頂成功のドヤ顔がかわいい」
「まさにジジ!」
「みんなを見下げるのに最適の場所ですね」

と、こねろくちゃんの神々しさにクギ付けになるみなさん。「レンジフードの耐荷重なんて気にした事なかったな…」というコメントとともに投稿された猫さんは、『魔女の宅急便』に登場する黒猫、ジジにそっくりな美猫っぷりもあいまって、すぐに1.5万リツイート、6.8万以上のいいねがつきました。

「こねがレンジフードにいたのは今回が初めてです。最近今の家に引っ越したのですが、間取りの関係で今の位置(レンジの近く)に冷蔵庫を置いたところ、飛び乗らないで行ける距離にいい高さのレンジフードがあって…」と、こねちゃんの降臨劇を語る飼い主さん。転居前のこねろくちゃんは、レンジフードにまったく興味を示さなかったそうです。ゆえに、「テレビを見ていた時にふと後ろを振り返ると、あんな感じででーんと寝そべってたので、それはそれは爆笑しました」と、飼い主さんもレンジフードの上でくつろぐ姿に驚いたと言います。

「レンジフードのある場所はまさに部屋の角で、しかもエアコンの風がまっすぐ当たる場所なんです。猫って、あったかい空気が上に行っちゃう原理を本能で理解してそうですよね(笑)。家でいちばん居心地がいいんだろうな」(飼い主さん)

現在、こねろくちゃんの体重は5キロ。レンジフードはしっかり設置されているようなので、ひとまず危険はなさそうですが、「可愛いけど、ハラハラする」「アルミホイルくしゃくしゃにして敷いておけば、乗らなくなりますよ」と、フォロワーさんからは安全を配慮したやさしい声も。対荷重を心配していた飼い主さんもツイート投稿後すぐに、こねちゃんにそっくりなジジのぬいぐるみをレンジフードに置き、「もう乗られないようにします」と、対策したことをツイッターでも報告しています。

「ジジを置いたらとりあえずは乗らなくなりましたけど、興味がまだあるようなので更なる対策が必要のようです」(飼い主さん)

「普段はびびりで甘えん坊で、好奇心の塊で生きてます。抱っこ魔です」というこねろくちゃんは、黒猫を逆さまから読んで「こねろく」と名付けられた、現在3歳半の男の子。実は、生まれた直後に母猫に育児放棄された保護猫とのことです。

「知人が出産時に遭遇し、こねの他に5匹産まれましたが、母猫は元気そうな1匹だけを咥えて立ち去り、そのままいくら待っても帰って来なかったそうです。知人が残った子猫をまとめて保護して、それぞれ里親に出した中で私はこねに出会いました」(飼い主さん)

母猫が育児を諦めたほど病弱だった子猫たち。残念ながら兄弟猫たちは、生後半年ほどで亡くなったそうです。こねちゃんも子猫の頃は身体が弱かったそうですが、愛情をたっぷり受けて育った結果、「今じゃピンピンです」と飼い主さん。「お医者さん曰く、肥満ではないそうなんですけどね、小顔だけどなんかこう…バランスよくムチッと…」した美猫くんに成長しました。

お風呂が大好きなオフロスキー猫でもあるこねろくちゃんは、飼い主さんに抱っこで甘えたかと思えば、とてつもない変顔も披露するギャップ・イケメン猫。現在、YouTubeチャンネル「黒猫のこねろく」も準備中とのこと。今後はこねろくちゃんの動画からも目が離せなくなりそうです。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)