フワフワのベッドを熱心にふみふみする猫さんの動画が話題です。全神経を集中して肩からしっかり揉んでいる姿に「にゃんと!カリスママッサージ師とはあなた様の事でしたか」と驚きの声があがっています。

 ネコ職人の名前は、まなかちゃん(10カ月)。2020年10月に飼い主の「ユ吉(@m_yuki_chi)」さんが、このベッドを購入した直後からふみふみを始めて約5カ月でプロの手さばきに。「揉んでいただきたい(・ω・)」「こいつは拘りが半端なさそう」「すべてのストレスから解放してくれる猫」「この動画は癒し効果たかいっすわ〜」というコメントが集まり、動画は201.5万回も再生されています。

 パンやうどんの生地を「おいしくなぁ〜れ… おいしくなぁ〜れ…」と念じながらこねているように見える人も多く、「手つきがプロですなw」と感心しつつも、可愛さにメロメロのみなさん。

 ちなみに、まなかちゃんはベッドをふみふみするものの、寝たことはないそう。飼い主さんが抱っこして乗せてあげようとすると、あんなにうっとりとふみふみしていたのに「絶対にベッドに足はつけないニャ!」と断固拒否しています(笑)。ユ吉さんに聞きました。

──陶酔レベルのふみふみが話題になりました。

 ものすごい人に動画を見ていただいて驚きましたし、とても嬉しいです! 見てくださった方々ありがとうございました!

──いつもあんなに熱心にふみふみするんですか?

 いつも熱心です(笑)

──ベッド以外にもふみふみするのかしら?

 昔は毛布などでもしていましたが、今はこのベッドだけです。

──ふみふみしたくなるベッドなのかな。2匹の猫さんを飼われているんですね。

 もう1匹は、1歳10か月の「もなか」で、食いしん坊で甘えん坊の男の子です。

──2匹は保護猫さん?

 どちらも保護猫です。いつか猫と暮らしたいと思っていて、一昨年ペット可物件に引っ越して来ました。

──引っ越すところから用意したんですね。

 それから里親募集サイトなどを毎日のように見ていたら、丁度近所で活動している保護猫団体さん(名古屋市のみなとねこの会さん)がいて、保護猫の譲渡会を行なっていると知ったので、どうせならば保護猫をお迎えしようと譲渡会に伺いました。

──もなかくんと、すぐに出会ったのかしら。

 1回目に伺った際、どの子も本当に可愛くて自分達で選ぶことなんてできないと参加するだけで終わったんですが、2回目には事前に「この子をお迎えしよう」と1回目に会った別の女の子の猫ちゃんをお迎えすると決めて参加しました。ところが1回目の譲渡会にはいなかったもなかがいて...

 最初にお迎えするのは女の子の猫ちゃんを希望していたのですが、あまりのかわいさと、「ショッピングモールの駐車場に捨てられていた、虐待されてたかも?」という境遇を知り、速攻でもなかのトライアルの申し込みをしていました。

──そのあと、まなかちゃんに会ったのですね。

 もなかをお迎えして半年過ぎた頃に、もなかのお友達として同じ譲渡会でお迎えしたのがまなかです。まなかはもう一目会った時から可愛すぎて、すぐにトライアルの申し込みをしてしまいました。

──2匹はいつも一緒にいて仲が良さそうです。

 もなかが人見知り、猫見知りな性格なので、最初からではありませんでした。まなかが好奇心旺盛で物おじしない性格なので、もなかにずっと構ってたらもなかが慣れてくれた感じで最近はずっと仲良しです。

──ちなみに、もなかくんはベッドを使う?

 もなかもベッドは一切使ったことがないです(笑)。ふみふみも最近はあまりしないのですが、毛布でやっていた時期がありました。でも動画のベッドではやったことがないです。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)