「ぬいぐるみ???」…桜をバックに抱っこされるわんちゃんの写真が癒やされるとTwitter上で大きな話題を呼びました。その投稿写真は、わんちゃんがほほえんでいるようにも見えて、まるで人間の赤ちゃんが高い高いされて喜んでいるワンシーンをほうふつとさせるような一枚。ツイートには、6万超のリツイートと43万超のいいねがつきました。

リプ欄には「待受けにしてもいいですか」「Twitterのアイコンに使用してもよろしいでしょうか?」「保存してロック画面にしても良いですか?」「個人で楽しむように頂いてよろしいでしょうか?」「心の癒しとして保存させてもらってもいいでしょうか?」など、写真に心を奪われるコメントがたくさん寄せられています。

そんな“奇跡の一枚”を24日に投稿した、わんちゃんの飼い主「なな丸 クリ丸 いね丸 ぶち丸 はな丸」(@nanakuriinemaru)さんに、どのようなシチュエーションで撮影されたのか、聞いてみました。

“桜ワンコ”は豆柴のクリ丸ちゃん 飼い主さんのお友だちが撮影

――桜をバックに抱っこされるわんちゃんの投稿写真に大きな反響がありましたね。

飼い主さん:「ここまで拡散してもらえるとは思ってもなかったので、驚いてます! 同時にたくさんの人にうちの子を見てもらえてありがたいなぁと思ってます」

――わんちゃんのお名前は?

飼い主さん:「友人から引き取った犬で、豆柴のクリ丸といいます。5歳の女の子です」

――どういうシチュエーションで撮影されましたか?

飼い主さん:「以前散歩してたときに桜がきれいに咲いていて、いつかクリ丸と一緒に撮りたいなと思っていました。先日クリ丸に会いに来た友人にお願いして、一緒に散歩をしたときに、撮ってもらった写真です」

クリ丸ちゃんは、ほほ笑んだわけじゃなかった…

――飼い主さんがクリ丸ちゃんを抱き上げたところを、お友だちが撮影したのですね。写真のクリ丸ちゃん、少しほほ笑んだような表情でとてもうれしそう。「最高に癒される笑顔」「何この満足気な表情は。カワイイ」「嬉しそう」なんて、リプされていた方もいらっしゃいましたが。

飼い主さん:「実は…クリ丸はされるがままといいますか。持ち上げられたので、『はいはいどーぞ』みたいな感じで。特別怖がった様子ではありませんでしたが、喜んでもいませんでした」

――え? 喜んではいなかったんですね…されるがままとはいえども、写真は微笑を浮かべているような表情。これは、まさに“奇跡の一枚”です。Twitterユーザーからは「待ち受けにしたい」などと、クリ丸ちゃんの写真を手元に保存しておきたいという方が続出していましたしね。

飼い主さん:「僕自身も今待ち受けにしてます! こういう風に言っていただけるのはとってもうれしいです。ぜひ写真を保存してもらって癒しにしてもらえればなと思ってます」

実は、クリ丸ちゃんと"2人暮らし" 飼い主「毎日が癒し」 

――飼い主さんは最近、ご実家を離れてクリ丸ちゃんも連れて“2人”暮らしをされているとのこと。クリ丸ちゃんとの暮らしはいかがですか?

飼い主さん:「毎日が癒しですね。仕事から帰ってくると、玄関にお出迎えしてくれます。でも仕事に行ってるときや、家でもゲームなどするときは構ってあげられず。寂しい思いをさせてしまってるだろうなと最近悩んでるところです。実家のときは仲間がいたので1匹だけということがなかったですからね。そんなに実家から遠くはないので帰ろうと思えばいつでも帰れますが…」

――今後クリ丸ちゃんとの思い出として、どのようなショットを撮りたいですか?

飼い主さん:「ありのままを撮るのが1番ですが、せっかく今は“2人”暮らしをしているのでいろんなところに出かけて景色とともにクリ丸を撮れればなと思ってます!」

   ◇   ◇

実家には4匹の保護犬 代々名前に「丸」を付けている…

飼い主さんのご実家には、保護犬の「なな丸」ちゃんと「いね丸」ちゃん、「ぶち丸」ちゃん、そして家族になったばかりの「はな丸」ちゃん(生後1カ月)の計4匹いるそうです。わんちゃんたちは、お父さまが「犬を助けられる範囲で助けたい」との思いで保護しているとのこと。また、代々わんちゃんのお名前の最後に必ず「丸」を付けられているとか。わんちゃんたちは全て女の子。「はな丸」ちゃんで8代目になるそうです。

(まいどなニュース特約・渡辺 晴子)