「実に佐渡らし良いデザイン…」

朱鷺(トキ)をモチーフにデザインされた佐渡牛乳の牛乳パックがSNS上で注目を集めている。きっかけになったのは新潟県在住の漫画家で開志専門職大学アニメ・マンガ学部講師の高山瑞穂さん(@mizpi)の投稿。

可愛らしいのだが、たしかに「エヴァンゲリオン」の登場キャラクター「使徒」にも似ているこのデザイン。高山さんの煽りがかねてよりの「シン・エヴァンゲリオン劇場版」ブームにフィットしたのか、この投稿に対しSNSユーザー達からは

「ちょっと使徒っぽい」

「輪郭のシルエットがもろにサキエルの顔に近いですもんなw」

といったコメントが複数寄せられている。

高山さんにお話をうかがってみた。

中将タカノリ(以下「中将」):この牛乳パックはどのようなシチュエーションで発見されたのでしょうか?

高山:私はこの春から新潟での勤務が決まり、つい先日新潟市に転居して来たのですが、居住地の近所にあったスーパー、イトーヨーカドー丸大新潟店に買い物に行った時、食品売り場でたまたま見かけました。パッケージデザインを気に入って衝動買いしてしまいました。

中将:新潟では普通に流通しているものなんですね。

高山:自分がそれまで知らなかったと言うだけで、佐渡牛乳は新潟では何年も前からこのパッケージで売られていたものだと思います。地元の方にとってはたぶん目新しい話題ではなさそうです。でも私個人の感想としては今までこれほど印象に残る牛乳パックのデザインは記憶にありませんし、綺麗で調和の取れた勇逸なデザインだなと思っています。

◇ ◇

佐渡牛乳を製造する株式会社佐渡乳業にもお話をうかがったところ、このパッケージデザインは2008年の佐渡島での朱鷺放鳥事業開始を記念して制作されたということ。特にキャラクター名はないものの新潟県内ではおなじみの人気デザインで、広い層に支持されているということだ。

佐渡牛乳は新潟県以外でも東京都内の一部店舗やウェブ通販で購入できる。ご興味のある方はぜひチェックしていただきたい。

「佐渡乳業」会社概要

所在地:新潟県佐渡市中興122-1

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)