三毛猫タマちゃんの躍動感あふれる写真が、かわいすぎると話題です。まるで二足歩行をしているような姿勢で、伸ばした前足の指を広げ、大きく一歩を踏み出しています。その姿は、エアロビクスや相撲をしているようにも見えるとコメントが集まり、1.1万いいねがついています。

 リプ欄は「腰回りのプリッと感が完璧ですね。」「ベストショット!(笑)」「ヤダ〜可愛い」「めちゃくちゃ良い写真ですねー! 躍動感、半端ない!!」「なんか!お腹と腰あたりが〜 かわいいっ」「カラダの模様 お洒落」「後ろ足のパー! お尻とお腹のボディライン、最高にきゃわわ!!」と、タマちゃんのわがままボディにみなさん目が釘付け。

 推定11歳のタマちゃん(メス)は、もとは野良猫さん。猫飼い歴20年くらいという飼い主のネコビュー🐱(@nekoview)さんは、保護したタマちゃんを避妊してから元の場所に戻すつもりでした。ですが、面倒を見ている間に愛情がわいてしまい、そのまま家に迎えたのだそう。今回の写真に「2足歩行を覚えました」とコメントをつけてツイートしたネコビューさんに聞きました。

──タマちゃんは、二足歩行をしているのかしら!?

 ねこじゃらしで遊んでいたときに写真を撮ったら、二足歩行しているみたいになりました。以前からおもしろい写真がちらほら撮れています。

──体つきや模様がキュートで、とっても印象的な猫さんです。

 魅惑のぽっちゃりです。顔を見れば近寄ってくる、甘えん坊なところもかわいいです。

──写真がきれいに撮れていますね。

 ミラーレスカメラを使っています。日中の明るいときにシャッタースピードを上げて撮るようにしています。

──なるほど。それで躍動感あふれる明るい写真になっているんですね。タマちゃんは猫エイズに感染しているとブログで紹介されていますが、元気そうです。

 エイズと聞くと恐ろしく感じますが、普通の猫とたいして寿命はかわらず、発症しなければ何ともありません。エイズだからといって飼うのをためらわないで欲しいです。

 ◇ ◇

 ネコビューさんは、猫エイズはどんな病気なのか、実際の生活はどのようなものなのかを具体的にブログで紹介しています。猫エイズに感染していても、タマちゃんのように発症することなく普通に生活して、そのまま一生を終える猫さんも多いのだそう。里親募集で猫さんを迎えようと考えられているなら、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)