「皆様、移転先をご紹介ください」

3月31日に閉店したバーガーキング・なんばセンター街店(大阪市中央区)による移転先物件募集がSNS上で注目を集めている。きっかけになったのは近所にお住まいの茉森晶(@Matumori)の投稿。

閉店告知ポスターに書かれた「誠に残念ながら当店は閉店せざるをえない状況となってしまいました」「現在、近隣エリアに移転先物件を必死で探しております。物件をご紹介いただける方はぜひ下記までご連絡ください」という切ないお願いの文言。

茉森さんの投稿に対し、同店の閉店を惜しむSNSユーザー達からは

「よー行ってましたわ。席のスペースがあったから、空いてる時はゆっくりと集中して飲みながら食べれるから、カフェとしては最高でした。」
「埼玉の北浦和駅前店のように、"東口店閉店"、"ええ...残念"からの"西口に移転しました"、"ファ!"って例もあるし...。希望は捨てずに。昼はバーキンにしよう。」
「なんやろ、場所代高すぎなのか?でも近くで物件探してるなら違うか…滲み出る止む負えず感に、土地探し手伝いそうになる」

など数々のコメントが寄せられている。

今回のご投稿について茉森さんにお話をうかがってみた。

中将タカノリ(以下「中将」):これまで愛用されていたとのことですが、茉森さんにとってのなんばセンター街店の印象をお聞かせください。

茉森:他の地域の方はレジャー的に訪れる地かもしれませんが、長くこの辺りに住んでいるので、生まれ育った地元の商店街に近い印象です。店はどんどん変わってはいますが、まだ古い店もありますし。

中将:なんばセンター街店が移転先を探していることを知ったご感想をお聞かせください。

茉森:復活する可能性が感じられたのは嬉しかったですが、話がまとまらないこともあると思いましたので、なんとか自分の生活圏内で良い物件が見つかればいいな、と祈るような気持ちでした。

中将:今回の反響へのご感想をお聞かせください。

茉森:バーガーキングファンとしては、支持されてると感じて嬉しく思いました。応援が広がれば、これから店舗数が増えていく可能性もあるので期待したいです。また、閉店から1週間後の遅い情報でしたので、気恥ずかしい気もしましたが、この情勢下で街へ行けていない方も多くいるんだろうな、とあらためて実感しました。

   ◇   ◇

続いて、日本国内でバーガーキングの事業を展開している株式会社ビーケージャパンホールディングスの広報担当者にもお話をうかがってみた。

中将:物件紹介を募る内容の閉店告知は御社ではこれまでにもあったものなのでしょうか?

担当者:店舗物件の募る閉店告知ポスターは、初めての掲出となります。なんばセンター街店の閉店のお知らせは、大阪でバーガーキングを愛していただいている皆様に対して大変心苦しく、すでに再出店計画があることをファンの皆様へお知らせしたく、このような文面といたしました。

中将:その後、閉店告知により物件情報などは集まっているのでしょうか?

担当者:現在、近隣エリアで店舗物件を調査中です。良い物件がありましたらぜひご紹介ください。

   ◇   ◇

大阪・ミナミエリアで多くの人に愛されたバーガーキングが早く復活することを願いたい。

なお、現在バーガーキング各店では人気シリーズ「アグリーバーガー」の最新作「テリヤキアグリービーフバーガー」を期間限定で発売中。

4種のチーズと手作業で仕上げた チーズバンズ、直火焼きの100%ビーフパティなどが組み合わさった、甘じょっぱいおいしさがいっぱいの自信作ということなので、"バーキン"ファンにはぜひこの機会に味わっていただきたいと思う。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)