猫が銭湯に入っていたり、マフィアだったりと、ユーモアあふれる猫のトレーディングカードが猫好きの間で話題になっている。その名も「ニャンズカード」。株式会社nyans(本社・福岡県)が考案した。 

 同社と、ホームセンターチェーンの株式会社カインズ(本社・埼玉県)、ペットフードなどの輸入、販売を行うマースジャパンリミテッド(本社・東京都)の3社がコラボし、現在、「ニャンズカードキャンペーンinカインズ」(3月31日〜6月30日)を実施中だ。期間中、全国225店舗のカインズで、マースジャパン社が販売するキャンペーン対象商品のキャットフードを購入すると、1商品につきニャンズカード1枚がゲットできる。

 カードは全部で20種類。昭和レトロ風、雑誌の表紙やポスター風などいろいろ。制作した「株式会社nyans」代表の谷口紗喜子さん(29)は、「インスタなどSNSで人気の猫ちゃんたちをスカウトし、飼い主さんのご協力のもと、カードに登場していただきました。この猫ちゃんは猫界ではきっとこんな活躍をしているよねと、SNSに投稿された写真を眺めながらデザイナーさんらと想像を広げ、ユーモラスなタッチに仕上げました(笑)」と話す。 

 カードの右下にあるQRコードをスマホで読み取ると、「ニャンズカードGET」という専用画面が立ち上がる。カードに記載されたポイントを貯めれば、猫グッズなどの景品応募ができるほか、「ニャンズカード図鑑」というデジタル上のページで、自分が獲得したカードのアーカイブを楽しんだり、カード画像をSNSでシェアしたりすることもできる。また、各ユーザーが獲得したポイントは、1ポイント1円に換算して猫の保護活動をする団体に寄付する予定だ。 

 「nyans」は、出張や旅行、災害時などに備えて、飼い主同士をマッチングし、互いに猫の世話をし合えるサービス「nyatching(ニャッチング)」や、猫とのおうち時間が楽しくなる猫専用家具の開発など、人と猫との暮らしに寄り添った事業を展開。「全ての猫が『生まれてきて良かった』と思える世界」の実現をビジョンに掲げている。

 谷口さんは「キャンペーンを通じて、飼い主さんをはじめ、メーカーや店、保護猫活動をされている方々など、猫に関わるみなさんに楽しんでもらうことで、人と猫がより暮らしやすい社会をともに目指していければ」とほほえむ。ここに紹介した以外にも、面白いカードがたくさんあるので、コレクションを始めてみては。

(まいどなニュース特約・西松 宏)