思いも寄らぬポーズでこちらを見つめる愛猫の姿に、「どういう状況?」とつぶやき写真を投稿した、ねことふゆのすけさん (@neko_fuyunosuke) 。

そこに写っていたのは、棚から逆立ち状態でこっちを見ている白猫さんと、その姿を不思議そうにガン見する3匹の猫ちゃんたち。ドーナツ状態になった白猫さんのシッポにもクギづけになる奇跡の瞬間写真に、驚きと爆笑のリプライが集まりました。

「どゆこと?w」
「逆さまだ〜」
「ウルトラG難度」
「落下2秒前体勢」
「ヨガのインストラクターもびっくり‼︎」
「肉球が可愛すぎる♡」
「ドーナツみたいな尻尾も凄い」
「ちゃんとカメラ目線‼︎」
「隣の猫ちゃんビックリして両耳❤︎になってるww」
「情報過多ww」

ピンクの肉球をチラ見せしながら、片手で逆立ちポーズをしているのは、生後8カ月になる白猫、にびちゃん。アイスブルーの瞳が美しい女の子です。

それにしても、一体なぜこうなったのか? にびちゃんを不思議そうに見つめる3匹の猫ちゃんたちの表情を見ると、何かが起きたことは間違いなさそう……。

飼い主の ねことふゆのすけさんにこの時の状況をうかがいました。

「ふと視線を向けたらすでに逆立ちをしていたので、とにかく急いでスマホで撮影しました。ポーズをとっていたにびちゃんがアクロバティックな動きや体勢をしているのはいつものことなのですが、逆立ちを見たのはこの時が初めて。本当に短い間の出来事だったので、この瞬間を目撃できたことも撮影できたことも幸運でした」

Twitterにも、「どうして逆さまになったのか不思議でたまりません」と投稿されていた飼い主さん。気づいた時にはすでにこの状態だったため、理由や経緯はわからないまま。ただ、この写真の数秒後、にびちゃんは無事、おしりからステップに戻っていったそうです。

飼い主さんいわく、「ぬいぐるみやクッション、お兄ちゃん猫など、何かの上に乗っているのが好き」という、にびちゃん。

実はにびちゃんは、飼い主である ねことふゆのすけさんが、2020年7月31日に保護した母猫が、保護の5日後に産んだ5匹の子猫のうちの1匹。今回投稿された逆立ち写真に写る猫ちゃんたちはみんな、その時に生まれた5匹のうちの4姉妹なのだそうです。

「母猫を保護した翌日、父猫のシロ、にびちゃんたちの兄にあたる双子のこじろうと、むさしも保護しました。今うちにいる猫たちはみんな、捨てられていたり野良だったりした保護猫です。猫たちは私にとって可愛い子どもたち。いまだに猫語はわかりませんが、大切な家族です」(ねことふゆのすけさん)

ねことふゆのすけさんの固定ツイートには、愛猫たちの一覧写真が投稿されています。どの猫も飼い主さんの愛情をたっぷりと受けて、毎日のびのび幸せに過ごしている様子。にびちゃんのお父さん、シロくんは保護当時より2キロもふっくらしたのだとか。

にびちゃんたち5匹の兄妹猫、通称「べびーず5(ふぁいぶ)」が加わったことで、さらに特大家族になった、ねことふゆのすけさんファミリー。猫がたくさんいると、今回のにびちゃんの予想外のポーズのように、楽しい出来事や新たな発見がたくさんあるようです。

「にびちゃんの次に産まれてきた妹のサンちゃんは、お鼻の表面の一部に白い毛が生えてるんです。今までお鼻に毛がある子は見たことがなかったので、新発見でした。サンちゃんは母猫に似て羽のおもちゃを引きずり回すのが好きで、その姿を見て他の猫たちが追いかけるので、騒がしい大行列の出来上がりです(笑)。

黒猫のルシファーさんは、生後2週間頃からミルクをあげて育てた可愛い箱入り息子なのですが、わがままに育ちすぎて、爪切りや病院での注射は大暴れで……名前の通り堕天しました(笑)」(ねことふゆのすけさん)

逆立ちポーズのにびちゃんたちが乗っているキャットステップを見て、「手作りですか?」というリプライも寄せられていました。

「もともとディスプレイ用に買ったウォールラックなのですが、猫さん達が気に入ってしまったのでボードアンカーで補強して滑り止めのマットを貼りました」と答えていた、ねことふゆのすけさん。耐荷重を考慮し、しっかり補強されたステップの下にはベッドもあるそうなので、万が一でも問題はないとのこと、どうぞご安心を。

おてんば美少女、にびちゃん、これからも面白いポーズ、期待しています!

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・はやかわ かな)